風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・テナントの金運、幸運UP

プロの風水鑑定で、あなたの仕事・暮らしを応援!!Masaya風水事務所

rsssitemapヤフー風水カテゴリー
風水研修

HOME > 風水鑑定 > 風水鑑定の種類 > 風水チェック

工事中:未公開分

風水チェック

風水鑑定の前に

ここでは風水鑑定の前に、皆さんで確認できる簡単な風水チェック項目を掲載しております。有名な景色による吉凶判断です。風水の基本は、環境です。間取りよりもまず周辺環境をチェックする事が重要となります。現在お住まいの周辺環境が、一体どんな意味を持つのか。知るのと知らないのでは、大きな違いがあります。

悪い場合の改善策

簡単ではありますが、五行の考えからお話しします。

  • 尖角煞の場合:尖角煞は巒頭派の観点から「火」の属性を持つと考えられます。その為、相生の関係を用いてそのエネルギーを減少させます。火の相生にあたるモノは、土です。土は陶器や土のモノで出来た雑貨等がこれにあたります。尖角煞にあたる部屋に陶器を置いて、尖角煞のエネルギーを吸収し弱めます。

この様に、五行の力のサイクルを用いて、部屋に入りこむエネルギーを調節していきます。この様にもしご自身で風水を使った改善をされる場合、風水の流派によって少し異なりますが、基本は周辺環境+間取りの両方を見て判断・改善される事をお薦めします。

チェック項目

巒頭の概念から

簡単な10項目の風水チェックを掲載します。誰でも確認できる内容ですので一度ご覧下さい。あくまでも巒頭派(外観)の観点からです。

  1. 家の庭や周りに、樹木が生い茂っている。
  2. 家の真中が開いている。もしくは中庭である。
  3. 家の周りに、建物が何も無い。更地である。
  4. 家の目の前に、ビルの隙間がある。
  5. 間取りがいびつである。
  6. ベットが鏡に映ってる。
  7. 玄関の真正面に、鏡がある。
  8. 部屋に窓が無い。もしくは家全体的に窓が少ない。
  9. 家に向かって、他の建物の角が窓などに向かっている。
  10. 書斎や勉強部屋の机が、完全に壁に付いて配置している。



風水チェック











風水の答え

チェックの答え

風水の考え方

先程の答えと意味です。

  1. 樹木が生い茂ると、せっかくの気のエネルギーが家の中に入りこむ事が出来ません。その為、程良い高さの木もしくは竹が良いとされます。注意!!竹は繁殖力が強く、根っこ太く深い為、地盤が傾く可能性がありますので要注意です。
  2. 2通りの考え方があります。まず玄空飛星派では、入囚と呼ばれる現象を防ぐ事が出来る為、吉相です。ですが、八宅派や日本派風水ではエネルギーが逃げるとされ、凶相となります。ちなみに、中国では『四合院』と呼ばれる建築様式があります。これは、玄空飛星と同じ考えで、入囚を防ぐための建て方です。四合院と風水ウィキペディア参照
  3. これは『割脚水』と呼ばれ、巒頭派の考えでは凶とされます。これは、気のエネルギーを守るモノが無く、せっかくのエネルギーが家に入りこむ前に、全て逃げてしまうからです。
  4. 有名な、『天然煞』と呼ばれるモノです。簡単にいうと「ビル風」です。都心部の方は良く経験されていますが、ビルの間は風の密度が高い為、通常よりも強い風が吹きます。これは同時に気のエネルギーを吹き飛ばす事を意味します。その為、凶となります。
  5. どの流派においても、これは吉とは言えません。デザイン的に間取りの変形を行うケースが良くあります。ですが、これは家に入りこむ気のエネルギーのバランスを崩します。その為、凶相となる可能性が非常に高くなります。巒頭派の観点から見ても、吉とは言えません。
  6. ベットは寝室にあります。寝室は気の流れを整え、エネルギーを蓄える場として考えます。風水では鏡は反射、、、ではなく吸収・拡散を意味します。つまり、受動的な陰の力をもっており、長時間姿をさらす事は凶とされています。
  7. 鏡は、吸収・拡散の力を持っています。その為、魔除け風水アイテムとして八卦鏡が良く用いられます。これは、鏡に悪いエネルギーを吸収・拡散させる為です。同じように、玄関でもそうなります。つまり、せっかく玄関から入るエネルギーを吸収もしくは拡散してしまうからです。鏡の扱いは、非常に扱いが難しく注意が必要です。
  8. 都心部やマンションに多い間取りです。気のエネルギーは玄関のみではなく、窓からも出入りすると考えられます。その為、窓が少ないと気の循環が弱くなります。なるべく採光を考えた間取りやマンションを選ばれる事を、お薦めします。
  9. 巒頭派で最も有名な「尖角煞」です。建物の角は煞(殺)を意味します。その為、強いエネルギーを生む原因と考えられます。その為、改善によりそのエネルギーを弱める必要があります。
  10. これは良く見かける光景です。机が壁に沿って置かれ、人が壁に向かって座る姿勢です。これは実は良くありません。なるべく壁を背に座れるように、机を前に出します。そして机の一部を壁に付け、机を配置します。これは、壁を背に座る事により、安定と繁栄をもたらすと考えられるからです。

うんちく

風水と迷信

経験理論とともに

風水学は、古代中国の統計学です。その為、多くの派閥が経験とともに誕生し、無くなっていったと考えられます。それは、経験・実績に当てはまらない理論は淘汰されていった証拠でもあるのです。例えば、日本の有名なある方がこの様な風水理論を書籍で残されています。

  • 家の家相の運気は4年経ってから働きだし、20年の間働き、20年で終わる

これはおそらく三元九運における1運の20年から来ていると考えられます。ですが、もしこれが正しく理論的な風水学でしたらこの様な事が言えるのです。

  • 50年以上の家に住む人は皆、運気が無い為、一家離散する。
  • 200年以上続く歴史的なお寺は、運気が無い為、潰れる。
  • 観光地などの歴史的建造物でお店を経営されている場合(小京都である金沢の和菓子屋さん・有名老舗旅館等)、経営難になっている。

どうですか。これだと、風水の考えでは新築でも20年経つと新たな家を購入しなければならない事になるのです。では、皇居はどうですか?皇居は、何年経っているのでしょうか。でも、天皇家(日本)は繁栄を保っています。と言う事は、この理論は正しくないと言う事です。この様に、正しい理論なのかを皆さんで判断して頂き、納得して頂いた上で風水を実践もしくは風水鑑定をして頂きたいと思います。
ですが、よく言われるのは『鬼門』に関しては、私は肯定します。日本で有名な正統派風水師の方々は馬鹿にされていますが、自然環境から考えると正しい部分と理論をもつからです。『風水と気』の部分で述べておりますが、風水は「目に見える力」と「目に見えな力(理気)」を扱うと言う事です。古典書が全てではないと言う事です。常に疑問を持ち、自分で考え答えを導く事。自己啓発の基本です。