風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・テナントの金運、幸運UP

プロの風水鑑定で、あなたの仕事・暮らしを応援!!Masaya風水事務所

rsssitemapヤフー風水カテゴリー
風水研修

HOME > 自己紹介 > 私と風水 > 風水と運気

風水と運気

鑑定の前に

私は家の恥だと分かりながら、この事実による結果・状況を掲載しました。それは、私達と同じような結果を招いて頂きたくないからです。

  • たかが風水でしょ

と、疑問を持つ方は少なく無いと思います。ですが、目に見える形で結果が表れた家庭があるのです。だからこそ、私はこの技術に惹かれ学んだのです。その中で勉強していく中で「間取りによる家相」+「土地による地相・運気」に影響されたのではないかと考察するようになりました。土地には力があり、「地鎮祭」が示すように大きな力が働くことが知られています。その為、家の間取りだけに絞って考える事は疑問が残るようになりました。FAXによる『図面の送付』を行っている先生が居られますが、これは真剣に学んでいる人から見ると、おかしな現象だと言えるのです。『土地』を見ない・・・つまり、間取り・家相のみの風水鑑定はあり得ないのです。そうしてしまったのも、日本の独特の家相の影響なのかもしれません。その事が「出張風水鑑定」にこだわっている理由の一つなのです。

運と人

家相は素晴らしい日本が生んだ独特の技術です。しかし残念な事に、東西南北の完全な方位個性であり、この考えの中には時間的な側面がありません。これは、いつ『繁栄』が巡り、いつ『衰退』が訪れるかが分かりません。今でしょうか?それとも30年後でしょうか。その事を的確に捉える必要があります。それこそが『運気の流れ』。これが私が採用している『玄空飛星派風水』の基本的な考えなのです。

ですがその運気に左右されない人がいるのも事実です。四柱推命でいう中和(調候用神)タイプです。私の周りに実際そのタイプがおり、そのおかげでこの様な状況下であっても、私は勉強ができたのです。そして、その様な事実のおかげで、様々な勉強に目を向ける事が出来ました。逆に、吉相の間取り・土地を手に入れてもその運気を掴むことが出来ない人もいるのも事実です。それは、他に力を頼り過ぎるからです。吉相だからといい、自ら動かなければ運気は入り込まないからです。これは成功哲学(自己啓発)の分野ですが、成功した著名人は全て、自らを信じて行動した方々ばかりです。

  • 行動+運気

行動がなければ、運気は動きようがないのです。ただし、これはいい運気が働いている時だけです。悪い運気が働く時期は、逆にそのエネルギーを最小限に抑えなければなりません。これが、本来の風水の考えなのです。いかに「開運」と言う言葉が、ビジネス用語である事がご理解頂けるでしょうか。本場の著名な風水師の方は決して「開運」という言葉を書籍でも使用しません。

  • 開運!!風水鑑定

とすれば、売上が伸びるかもしれません。皆さんはどう思われますか?風水とは、「開運」→「運調節」。これが私の答えです。


ではここで、

今までの私の家で起きた現象についての家相的な説明について再度確認してみましょう。皆さんはお気付きになられましたでしょうか?今までの内容では、最初の20年間の金運の説明が全く出来ていないのです。私の家計は少なくとも、私が大学を卒業するまでは全く問題がありませんでした。それどころか、好調だったのです。日本派風水(気学家相学)の考えでは、結果のみしか理論的に説明出来ていないのです。ではなぜ、最初の20年間は問題なく生活出来ていたのに、後半いきなり金運に見放されたのか?


その理由を玄空飛星派風水が解明してくれたのです。