風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・テナントの金運、幸運UP
お気軽にご連絡下さい。0766540698
プロの風水鑑定で、あなたの仕事・暮らしを応援!!Masaya風水事務所

rsssitemapヤフー風水カテゴリー
風水研修

HOME

日本の「家相」の事は一旦、忘れて下さい。世界の風水を知ると、未来が変わるかも?

風水鑑定、家相なら:Masaya風水事務所

sen.jpg
ご訪問頂きまして、有り難うございます。
当事務所は日本では珍しい占術コンサルティングと呼ばれる職種をサービスとして提供しております。残念ながら風水は結果が保証されているサービスではありません。お客様のご要望にお応えするには、正しい知識とノウハウによる鑑定が必要です。日本ではまだ人気が弱いですが、本場の伝統的な風水鑑定により長期的な金運・幸運をご提供出来るよう、家相・間取り鑑定に努めております。
sen.jpg

sen2.jpg
玄空飛星の資料講義風景
本場の技術と有名な「玄空飛星」をはじめ、本場の面白い技術をご覧頂ければと思います。以前行っておりました「風水教室」の資料ですが、新たな発見に気づいて頂ければ嬉しい限りです。
皆さんが嘘だと思われる様な、風水の関連記事です。

NEWS1

米国企業のカジノ店舗の売上を維持・支える術!?今回は、「カジノ」が活用している事例をご紹介します。ホテルの噴水には意味があった???「カジノ」といえば、億単位のお金が動く、ビッグマネーです。そのビジネス企業が利用している、関心がありませんか。所得税や法人税がゼロ。この事で知られるネバダ州のラスベガス。この幾つかのカジノでも、取り入れられています。砂漠地帯であった場所に人工的に作られた都市ですから、ふんだんに土地はあります。だからホテルは広大な敷地にあり、十分すぎるくらいの活用が可能です。土地を活かし、建物全体で利用できる配置にデザイン。 例えば、ホテルの前などにある池や噴水。実はこれは“金運UP”効果をもたらす為の対策なのです。やみくもに噴水を置けばいいというものではなく、羅盤で正確に測定され。場合に応じて対策されて言うのです。
日経ビジネス

米国企業と風水

2008年6月26日に掲載された記事です。アメリカ企業が風水をビジネス利用している実態を掲載した記事です。資本主義大国の米国で、占術コンサルタントがされている事実が採り上げられています。家や住宅以外の鑑定に関する活躍の例です。ココではラスベガスの『ホテルべラジオ』や、世界売上トップに輝くカジノ都市:マカオにある『グランド リスボアホテル』の例が採り上げられています(風水の実例①)。このサイトでも「リスボアホテル」の紹介により、建築デザイン・配置等の大まかな概要の説明を行っております。『家相』以外の観点から見た面白い企業建築の良い題材です。

リスボアホテルの集大成

NEWS2

事業支援として、活用で売り上げ25%アップ!!サービス業数社と個人開業医の経営コンサルティングを手がける。コンサルでは売り上げが25%程度はアップする報告が!?これまでの人事コンサルティングに加えて、営業支援や事業建て直しの案件がいくつかあったので、試験的に活用しての支援を開始(実際は、会社はコンサルを依頼し、風水師に事前に調査するスタイル)。単純な成果としては、あるサービス業種の企業の売り上げは前年度3ヶ月平均:25%UP。9月は雨の影響で良い状況ではありません。しかし、10月から再度に渡り持ち直している状況だとか!?業務改善は通常通りなモノ、利益率の改善・効果に限定され為、来客数の向上による「売上UP度」は魅力的な結果。損なモノが利用できるなんて。と良く聞かれますが、採用しているメーカーとしては米国企業:スターバックスです。スターバックスでは、お店の流れを全て金運が入る流れを創るために、利用との事で一躍で有名に。周辺環境の分析開始!。お店の図面から、運気を読み取り、アドバイス。お店の配置・内装を調節してに、運気の流れを変え、お客様の流れを作る!古来より日本では東京・京都・金沢の古都では、基盤整備に使用された経緯が残っており、有名です。歴史的な建造物や大規模なビル等はその知識を使い、発展に貢献してます。
livedoorニュース

スターバックスと風水

2008年10月27日に掲載された記事です。アメリカ企業の『スターバックスコーヒー』が、店舗の出店や改装の際に風水の技術を利用し、売上が向上した実例を取上げています。日本では信じられないような話ですが、有名な事実です。グローバル企業での占術コンサルタントの活用例であり、家相だけではない店舗の中の『内装の間取り』や『部屋ごとのデザイン』が見られます。新たなビジネスのデザインモデルとして、風水鑑定が売上に貢献された実績紹介です(風水の実例⑦)。このサイトでも、公表できる範囲内でご紹介しております。世界的な小売業の例題です。

スタバの事実

NEWS3

香港では、46階建てビルでも最上階は縁起よい「88」階となる。大企業の経営者や幹部には、たしなむ人が多く、成功のために必要な環境を整理する「学問」だとする。その為地元の中国では、世界が回っている。未知氏は、中国の状況を解説する。生活の中に浸透する中国では、結婚、引っ越し、起業など人生の転換期に助言が不可欠。多くの大企業は高名専属契約を結び、さまざまな場面で助言を求めています。こうした習慣は自治体や官公庁にも根付き、ときに社会問題になることも。遼寧省瀋陽市陽市では、裁判所の新庁舎移転の日取りを相談。鑑定料3万元(約42万円)を公費で支払ったことが問題化し、幹部が辞職に追い込まれました。香港はさらに過激で、企業間のバトルに発展することも。有名なのが、長年ライバル関係にある中国銀行と香港上海銀行の“新社屋バトル”です。香港中心部に並んで建つ両行は、専属風水師の助言の下、1985年から1990年にかけて競うように新社屋を建設。先に竣工したのは、地上44階建ての香港上海銀行。対する中国銀行は、5年遅れで地上70階を誇る超高層ビルを建設しました。問題となったのは、中国銀行新社屋の“鋭利な刃物”を連想させるデザイン。「不吉」とされるビルの角は向けられた香港上海銀行は怒り、屋上に“大砲型”オブジェを設置して対抗し、地元メディアでも大きく報道。香港市民は住宅購入にも環境を重視しています。気の流れを乱すT字路の突き当たりに面した物件はダメ!!広東語で「死」と似た発音の「4」の階数は敬遠されます。新築高級マンションにかぎっては。4・14・24などの階数表記を除外。実際は46階建てにもかかわらず!!最上階は最も縁起の良い「88」階と表示されており、台湾自慢の高層建築「台北101」も「8」にしています。逆台形を8層に重ねた奇抜なデザインです。自然を表わす力強いモノで天に向かう“竹”をイメージして着工しています。
niftyニュース

銀行と風水戦争

2012年8月28日に掲載された記事です。香港の風水事情に関する記事です。この中では、『上海香港銀行』と『中国銀行』の新社屋に関する面白い記事が掲載されています。香港では非常に有名な実際に起こった実例であり、この業界で活躍するものであれば、誰でも知っている程の話です。「玄関」や「間取り」の内容ではなく環境の重要性が説明されたモノです。またこの際、お互いが風水を利用した事で、非常に有名になった事件が紹介されています(風水の実例⑥)。本場の思想の分野での出来事であり、その危険性なども含め掲載しております。

HSBCの有名建築

線

  面白い風水の世界
  新しい発見があるかも


        吹き抜けは良い!?吹き抜けは良い!?

    派閥がある!!派閥がある!!         PCに似ている!?PCに似ている!?








オフィスインフォメーション

過去の風水鑑定集です

実例集

建築事例①
一番目上記は、新築時の依頼内容です。
コンセプトは『金運』
土地環境に合わせた間取りをご提案させて頂きました。土地がすでに購入済だった為、若干の問題を和らげる案を盛り込んだ上で、理論的に強い金運を受け易い家をコンサルティングさせて頂きました。家相を全く無視したデザインである事がお分かり頂けるはずです。『玄空飛星』『奇問遁甲』『三元』『三合』の技術を使用しております。


経営のピンチ!!
2番目上記は、お店の店主様からのご依頼内容です。
コンセプトは『売上』
売上アップの為の風水をご提案させて頂きました。鑑定をした際、お店全体の運気が非常に悪い事が判明。それを物語るかのように、経営が悪化されておられました。『間取り』では、お客様入り口(お店正面の玄関)に売上低迷を示すサインが出ていた為、様々なトリックを施した例です。一部のみ掲載中です。


人間関係を良くしたい!
3番目上記は、対人トラブル解消のご依頼の内容です。
コンセプトは『平和』
会社経営をされておられる方からのご依頼でした。お金の問題は全く無かったのですが、その代わりに大きな対人トラブルを抱えておられました。家相の問題として浮かび上がったのは、『寝室』でした。『風水による間取りのリフォーム』はしたくないとの事でしたので、可能な限りで対処を実施した例です。


家相の問題。今皆さんは、新しい家を建てようとされています。そこで、設計士さんが以下の様な図面を提出されました。さてこの図面を採用して、未来の幸せ尾w託せる家相が出来るでしょうか?一緒に考えてみて下さい。
問題点、指摘出来ますか?

皆さんは、新築で『風水鑑定』を取り入れようと考えています。この『立体2面図』の中に
危険と思われる点が4つ隠されています。
家の家相を考える上で、注意が必要な重要な部分です。
間取り的な『玄関』の位置や『寝室』よりも基礎・基本となるモノです。
平面図を見る前に大事な作業。方位ばかりが重要ではありません。

answer。皆さんの答えは。
この建築図面に隠されている問題は『階段の様なデザイン』です。風水のエネルギーは外から入り、家の中に留まる事が必要です。この案では、上~下に水が落ち続ける様に気が落ち着きません。家相を鑑定する前の大事な作業です。方位の診断ももちろん重要です。しかし、その元は目に見えない気の流れを示したモノです。その流れに問題があれば、せっかくの幸運を働かせる事が出来ないと考えられます。新築時の注意事項です。



欠点、発見できますか?

新築の『風水鑑定』で重要なポイントとなる家相の配置です。
今度は『平面図』です。この中には、11個の問題が有る様に思われます。
各部屋に通じる人の流れ、家としての機能と人の意識
方位的な問題を見る前に必要となる「間取り」そのモノです。
『玄関』『キッチン』『寝室』。これらの位置も非常に重要ですが
内家巒頭と呼ばれる建築デザインもまた、見落とす事が出来ない部分です。

answer。次の問題の答えは。
『間取り』に隠された問題の一つ。それは『玄関』です。『玄関』は外の気を家の内部に取り入れる「収気」と呼ばれる作用を持ちます。理論上、その気は壁をつたい動きます。しかし、この図面ではその通り道に裏に通じる『勝手口』が作られ、取り入れた「外気」がそのまま裏の外に出てしまう状態を表わしています。これでは、建物内部のエネルギーを蓄える事が出来なくなってしまいます。気の流れ方を優先する必要があるのです。


立体と平面図面の両観点から家相を考慮して
全部で15個の点に注意が必要だと思われます。
皆さんにはこの問題、解けますでしょうか?

墓相の問題です。

お墓が勝利のカギだった!? 

日本では、風水と言えば「家」「建物」の間取りですが、
本来は、「お墓(陰宅)」で用いられる為の技術。
そのお墓にまつわる実際にあった面白い2つの話をご紹介したいと思います。



イメージ画像です。

毛沢東と蒋介石

「毛沢東vs蒋介石」の2人の将軍のお話しです。彼らは中国の覇権を争い、戦っていました。本場の中国では、「家(陽宅)」よりも「お墓(陰宅)」が重要であり、その子孫に多大な影響を与える事が一般常識でした。そこで2人の将軍『中国共産党の毛沢東』vs『中国国民党の蒋介石』は、お互いの先祖霊のお墓の破壊行為を行ったのです。こうやって互いの風水的な力の影響を弱める策を取ったのです。その結果、歴史が示すように一方は成功し、一方は失敗しました。その結果、『蒋介石』はお隣の台湾へ逃げる事となり、『毛沢東』が勝利を収めました。成功の裏には何があったのでしょうか?。それは非常に簡単な事でした。勝利した『毛沢東』は良き理解者のアドバイスを受け、自身の先祖のお墓が発見されない様に、墓石そのものを無くし、先祖の遺体が暴かれない様にしたのです。それにより、悪い影響を回避したのです。

孫文のお墓

「中国革命の父」と呼ばれる孫中山のお話しです。彼の母は、1910年に香港にある「百花林」に埋葬されました。そのお墓は非常に強い龍穴と呼ばれる場所であり、孫中山に多大な影響を与えました。その事を示すかのように、埋葬された2年後の1912年。孫中山は清国帝国を滅ぼし、中華民国を建国し初代総統に就任しました。しかし長年の時を経て、ある事件が発生しました。2000年、孫中山が作った国民党(台湾)が総統選挙で大敗したのです(2008年に復権)。そこで、孫中山の母の墓石を調査してみると、墓蓋が壊れ雨風にさらされる様な状態になっていたのです。「陰宅風水」において、この状況は非常に良くないモノでした。偶然にしてはあまりに一致し過ぎる出来事として、有名になりました。それほど、風水ではお墓は重要な位置を占める事が一般的に知られているのです。日本では考えられない本当の出来事です。皆さんのお墓は、大丈夫ですか?

週1回以上、更新中!?アメブロ更新中!!

風水家相のブログ更新中!!

土地と水
レイクタウンの画像水龍がみられる物件!!
2008年にオープンした巨大ショッピングモール『レイクタウン』。新しく作られた『新越谷レイクタウン駅』等、その珍しいモールの間取り配置やデザインは非常に面白いモノになっています。一度行かれた皆さんは、気付く事が出来ましたでしょうか?非常に強い金運を。レイクタウンを見る上で重要なポイントが、『水』の働きです。これは一般の家・オフィス・お店でも言える事で、『水』はこの業界では『水龍』とも呼ばれ、多大なエネルギーを生み出してくれるとされます。このモールでは、その「水龍」を最大限に生かした環境が偶然にも見受けられます。また店舗内の間取りも面白い構造になっており、人の流れそのものが、モール全体に利益をもたらすように計算されている様に思えます。


デザインと家相
デザインとビルとブログデザインは売り上げに影響!?
家相の観点から見ても、『いびつな建物』は忌み嫌われます。これは単純な理由で、いびつになればなるほど『気』の動きが悪くなると考えられる為です。その事を証明するかのように、ここ30年以内に建てられた数多くのビルの存在が、面白い現象を引き起こしてくれているのです。中には、良いモノもあれば悪いモノまで。それらの未来がどの様に変化し、そのを利用する人にどの様に影響を与えたのか。多くの場合は、風水家相に対して迷信的な判断をされるケースが多いのですが、過去の例よりそれは完全に否定できないとう事もご理解頂けるのではないでしょうか。これは新築を建てる際の家にも共通しております。『家相鑑定』、皆さんが持つ考えが大きく変わるかもしれません。ご興味のある方は、続き風水とデザインへをご覧下さい。


間取り
ホテルミシュランホテルは偶然にも!?
ミシュランに格付けされている高級ホテル。しかしその裏には、目に見えない良い影響があったとしたら、皆さんは驚かれますか?私が実際に泊まり調査したホテルの数々。そこで判明した事は、非常に良い気を享受できる状態にある事でした。風水は『環境学=地理学』とされるように、土地の力に多大な影響を受けます。土地の形や状態、勢い等。巒頭と呼ばれる分野の学問です。競争が激しく、顧客の奪い合いの分野とされる業界で、この技術は大いに活躍が確認されるようになりました。偶然だと思われる方も居られるやもしれませんが、ミシュランに選出されている建物の多くは非常に良い気の流れが確認されるのです。中には意図的に『間取り配置』が設計されたモノもあります。一般の家とは異なり、家相は重要なモノで有る事が確認頂けるはずです。多くの方に、正しい知識を知って頂ければと思います。続きは、風水の実例①

最初のご挨拶。

風水でパワフルな未来を

占術コンサルティングと呼ばれる仕事です

家相迷信説は卒業してみませんか?

ご訪問、有り難うございます。風水鑑定士のMasayaと申します。
本場香港の風水スタイルを元に占術コンサルタント(オフィス・新築・建売住宅・マンション、土地・間取り・家相の風水アドバイス・鑑定)をしております。日本ではあまり知られていませんが、世界中で物凄いスピードでこの学問は普及しております。プライベート面、そしてビジネスシーンにおいて。もちろん、医学と同じように個人差もあり、100%保証のモノではありません。直せる病気・治せない病気があるように、技術的に限界もあります。その為、当事務所では保証はしておりません。しかし、理論的に導き出された「幸運」「不幸」を元に、良い方向に進み易い状況を作り出す事は可能です。これが表わしているのは、『誰もが幸せになるチャンスはある』ということです。それを示すかのように、日本の企業においても占術鑑定・コンサルティングが活用されているのは有名事実です。正しい知識と認識により、最大限に良い気が働く『間取り』や『人の流れのデザイン』、『環境』をご提案することにより、未来をより良い方向に変化させる可能性を持っています。土地はそこに住む人に何かしらの影響を与える事が分かっており住む場所・地域によって、年収や家族構成がなぜか異なっているはずです。これは誰もが潜在的に認識されているはずなのです。その過去1000年以上の経験論に基づき、理論体系化されたモノが風水であり鑑定の意味なのです。ですから正しいノウハウにより素晴らしい効力を発揮してくれる可能性を秘めているのです。世界で使用され、広まった事実が、この事を証明しています。当事務所では出来る限り本場の知識によるアドバイス・コンサルティングにより、皆さんの未来をパワフル、そしてより良い方向へのサポートを行っております。このサイトをご覧頂き、少しでも興味をお持ち頂ければ幸いです。多くの方に、成功と幸せのチャンスが訪れます事をお祈りいたします。