風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・テナントの金運、幸運UP

プロの風水鑑定で、あなたの仕事・暮らしを応援!!Masaya風水事務所

rsssitemapヤフー風水カテゴリー
風水研修

HOME > 鑑定の事例 > 仕事事例③









赤字を改善したい!

問題内容

赤字体質からの脱却を狙いたい

新時代の雄とも言える「IT」関連会社の鑑定事例です。IT次代の幕開けと共に、非常に大きな利益を得られておりました。その時の状態を維持する為、売上に合わせた部署数+正社員を抱えておられました。しかし、一時期の売上と比較すると、現在は大幅な売上減少が実情であり、今の会社経営を圧迫する要因となっており、頭を抱えておられました。

売上やビジネスのイメージ
鑑定内容

間取り

風水による分析・解析

こちらの建物には、非常に強い風水プログラムが組み込まれていました。

  • 「短期的な双星会向」+「水星合十」

この組み合わせは、短期的ではありますが非常に強いビジネス運をもたらす幸運の金運プログラムです。IT次代の流れに乗り大きな利益を得られた理由だと考えられます。詳しくは申し上げられませんが、羨ましい限りの利益を上げられ、社員への還元も相当なモノでした。しかし問題が発生してしまいました。今回のケースでは2つの大きな問題を抱えていた事が判明したのです。
①会社の増築 ②時間の変化 ③増設部署の悪化
売上の増加に伴い、正社員数+部署が増え、会社の増築を行われていました。これが第一の要因でした。「戦格(奇問遁甲プログラムの一つ)と呼ばれる凶格ウィルスが働き易い時期に増築を行われていました。増築は建物全体に大きな影響を与える事が風水では知られおり、非常に気を使わなければならない作業なのです。さらに、増築後しばらくして、運気の変化がありました。運気は時間とともに大幅に効力が変化します。「短期的な双星会向」が今度はビジネス運の破壊へと切り変わったのです。急激な売上減少の要因はこの2つだと判明されます。その影響にプラスして、増築された部分に設置された『赤字部署』には「金運を壊すプログラム」、そして『社長室』には、「部下運・ビジネス運の破壊」をもたらすウィルスが存在しておりました。事実、こちらの会社が頭を抱えておられた赤字の原因がこの『赤字部署』だったのです。ただ幸運だったのが、『新規事業部』には非常に強い金運+環境が整っておりました。実際、その部署は利益を上げられていたのです。そして、今回の風水コンサルティングを社長に勧めて下さったのが、こちらの新規事業部の方だったのです。強い金運が、引き寄せてくれたのかもしれません。

改善

改善提案

風水トリック

改善策として、真っ先に「噴水」の設置を提案致しました。こちらの建物には潜在的に、ビジネス運が付加価値的に強く働く「水星合十」の金運強化プログラムが確認されていた為です。その為、一時期と比較すると売上が落ちていただけで、売上は億単位以上、未だに確保されていたからです。これが示しているのは、金運プログラムが働いている証拠です。私はこのプログラムを向上させる事にしたのです。幸運にも、その修正プログラムを行う環境も整っており、さらには社長のご理解もあり、大幅な会社内の内装・部署移動変更も行う事が出来ました。通常、反感を頂いたり・拒否される事がしばしばで、思い通りの改善プログラムを構築する事が出来ないのですが、今回はほぼ完成する事が出来たのです。その後、やはり動きがありました。暫くして、『赤字部署』の方々が全員、自主退社を申し出たのです。突然でした。会社側からのリストラではありません。これにより、総売上は減少しますが、赤字部署が完全に無くなる事で利益面が一気に改善され、黒字への転換が決定し、驚かれた中で報告を頂く事に成功しました。実は「噴水」を仕掛けた直後、この『赤字部署』のリーダー格の方が急に頭痛を感じられていました。その為、私は『赤字部署』に何かしらの動き・変化があると伝えてあったのです。風水を仕掛け動き始めると、必ず体に異変が起こる事が確認されています。不思議だとまだ、感じられますか?ただご注意頂きたいのは、風水は土地環境に左右されるという事です。無い「金運」は何をしても作り出す事は余程の事をしない限り難しい事だけはご理解頂きたいと思います。実際、こちらの会社は黒字に転換しましたが、全盛期の売上には到達出来ておりません。時の影響を非常に受けている例とも言えます。