家や事務所、オフィスビルの間取り風水鑑定
HOME | 過去の風水鑑定の実例! | 生徒さんの風水新築例
 
デザイン
 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 |

 

過去の風水実績

生徒さんの新築風水の依頼

 

2011年のご依頼

 

私の 風水教室の生徒さんが、新築で風水を取り入れた間取りにしたい!!との事でご契約を頂きました。生徒さんは 風水の正しい間取りタブーとは!?をご覧になり、熱心に理論通りの家をご要望でした。ご要望はこちらです。
 
契約内容
 
  1. 金運重視の家
 
ご依頼主様は『地主』の方で、土地を多くお持ちでした(上空写真の土地一体)。その為、土地活用なども視野に入れて、「金運が大事」との事でした。
 
今回のプランでは「使い勝手以上に、金運風水を重視した建物!!」をとの事で、はっきりとしたPLAN計画でした。今回はその内容に従って鑑定アドバイスを行っております。ちなみに、土地はすでに決まっております。
 
※当事務所の「コンサルティング業務委託契約書」の確認と署名による正式なご契約と同意を頂いております。
 
※今回のご契約は
『日数無制限の建築風水』での対応
 

 

竣工年:2012年
建坪数:約100坪+ガレージ+納屋
総土地坪数:約290坪
 
建築前の土地環境

 

風水のポイント

風水鑑定
のポイント

 
巒頭派

巒頭派の観点より考察

 
まず土地の調査です。特徴としては、田んぼのど真ん中。
 
問題内容
 
つまり 見える風水の観点から、風当たりが強い事が第一の特徴として上げられます。その名の通り、「風が強く当たる場所は凶」となります。その為、風水的には不利な条件を持たれていました。新興住宅地には多いパターンです。
 
その一方で良い面も持っています。周辺の土地はほぼ「大地主」さん本人の土地であり、広い明堂(オープンスペース)が安定して確保されています。今回のテーマはずばり!!
 
①金運重視
 
問題の多い土地でしたが、その辺はご理解を頂いた上で対応を行う運びとなりました。分析に入ります。
 
 
当初の間取り案です

手書きの温かみのある設計図面ですが・・・

 

風水のポイント

最初の間取り

 
最初に1級建築士の方から頂いた建築図面ですが、非常にオシャレで採光・風の流れを重視されたデザインでした(しかも、ぬくもりのある手書きの図面)。しかし、今回のPLANのテーマである『金運重視』の為には、幾つかの問題を抱えていました。
 
玄空飛星派

玄空飛星派の技法より

 
  1. 『玄関の位置』の問題
  2. 『龍の入口』の悪さによる大凶
  3. 『和室の位置(仏間)』の問題
  4. 『寝室6つ』の内2つの場所が凶
  5. 『ベットの位置』が安定しない
  6. 『収納スペース』がめちゃくちゃ
  7. 『水周り』と運気の不合致
 
要約しますと、全て・・・
そこで、間取りを大きく改変して頂く事にしました(図面を見る限り、 鬼門は家相だけでも記載しておりますが北東を気にした設計でした)。すべてを見直す必要がありますので、専門的には考察が求められました。
 
風水では、 目に見えない風水の運気の特定を行う必要があります。 今回は新築の為、運気の固定が必要になります。
 
  1. 北東に一般道路が確認されます
  2. 北東側に家の顔となる○○と○○を設置
  3. 家の周囲を対策として○○しております
  4. 北東側にエントランスを設けております
 
以上の事により、建物の正面である北東から運気が作られるように設定しております。今回の私の風水鑑定では、この判断基準を元にご提案させて頂きました。
 
風水の提案書

 

風水のポイント
 

間取り対策

 
今回のテーマは『 金運風水!!』です。
土地のリスクもありましたが、良い面も持ち合わせていました。そこで活かす提案を行う事にしました。風あたりが強い改善に関しては少し予算がかかりましたが、とある事で解決しております。そして建物を建てるにあたり、私が採用した風水プログラムがこれです。
 
玄空飛星派

玄空飛星派の技法より

 
①上山下水
(土地購入済だった為、やむなく不運プログラムを選択)
②三盤卦
(風水の全体的な強化プログラム)
③五鬼城門
(金運強化を一気に図る技法)
④ドアチャートの応用
(門向変更の実施)

 

 
三合派

三合派の観点より

 

⑤五鬼運財水法
(有名な金運強化策)
⑥室内九星理気水法
 
今回の土地の良い面として、 「金運と環境」が非常に良く合致しておりました。風水プログラムの中で、「上山下水」と呼ばれるこのプログラムは唯一不運をもたらすモノとされます。しかしこれは、PCと同様に本体とソフトとの相性等、相互的に確認する必要があります。今回の場合、間取りとデザインに手を加える事で解消し、良いプログラムのみが働くようにしております。
 
さらに土地環境にも風水を仕掛ける事で、金運強化プログラムを組み込みました(守秘義務の観点より、写真未掲載)。今回の建物のデザインは正面からのデザイン・光・風・水の流れ・位置・素材・インテリア配置・色の全て、風水に合わせて建てられています。非常に強い金運プログラムを持った建物になっております。理論上の計算ではありますが、50年近い「金運」を享受できるようにデザインをご提案。
 
※この『建築間取り』と『デザイン』はこの土地環境+建築時期に合わせた提案となります。その為、この通りに他の土地にデザインしても、この風水は一切働きませんのでご注意下さい。
 
最終的な間取り例

今回の間取りは、建築士さんの意向も取り入れた風水半々のデザインとなっております。

 
今度は次の問題に取り掛かります。環境を如何に調節するかが求められます。今回の土地は、有名な凶相が確認されました。
 
T字殺の土地

 

風水のポイント

 凶相の対策

 

今回の土地は、他にも問題が確認されておりました。有名な『T字殺』です。突き当りの土地を示します。普通に建てた場合、運気の低迷と災いの暗示です。風水の間取りでは避けたい凶相の一つでした( 間取りより土地が大事!?でもご紹介し)。そこで考察の結果、この様なアイデアを採用しました。
 
巒頭派

巒頭派の観点より考察

 
①五行理論の『金』で制する!!
 
『T字殺』は別名「毒箭」とも呼ばれ、「木」の五行とされます。風水流派の一つである巒頭派ではこの場合、「金」の力を用いて対策を講じます。ご主人様が非常に高価な『高級外車』にお乗りになっていた為、『屋根付きガレージ』を予算が値上がりしましたが急遽デザインして頂き、環境対策としました。
 
凶相の風水対策

 
 

風水のポイント

気になるその後

 

今回のご依頼者様は『大地主』の方です。
そして所有されておられる土地の近くに『新しい駅』が増設されました!!そして急激な土地開発が進んでおり、土地の区画整理が急ピッチで進んでおります。
 
あとはご想像にお任せさせて頂きます。
 
ただし注意があります。
今回の土地は当事務所が選定した土地ではない事です。つまり、幸運の土地ではないという事です。風水は絶対的に土地の影響を受けます。その為、あくまでも「金運」のみを重視した結果としての実績とさせて頂きます。