風水、家相の家やオフィスの間取り鑑定!!

HOME | 世界の風水実例 | 老舗と風水
世界の実例
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
  1. ザ・ペニンシュラホテル香港
  2. 噴水の設置
  3. 土地環境の雄
 

 
 
 
 
経営に風水コンサルティング
老舗ホテルに仕掛けられた
上級風水の姿
 
 
 
世界の風水の実例集
 
 
ぺにんの画像
 
ペニンシュラのデザイン
 

5つ星の老舗高級ホテル

 

ザ・ペニンシュラ
ホテル 香港

 
1928年創業の超高級ホテル。通称「東洋の貴夫人」の名前を持つ、アジアを代表する超豪華ホテルの一つ。5つ星にも選ばれる有名ホテルです。車の送迎には「ロールスロイス」が使用されている事でも有名。説明の必要が無いかもしれません。
 

家相と風水の違い

 
このザ・ペニンシュラは、私の目標であり先生でもある『マスター・ロー』が専属コンサルティングを行っていたホテルでもあります。このホテルの特徴は、『コの字型』をしている事です。日本の家相学では、この形は嫌われます。建物に「欠け」が存在してしまうからです。ですが、このホテルは風水的にワザとこの様な形をしているのです。建物に入る運気を取り込む為に、左右の手を伸ばしているのです。皆さんには、不思議に思われますでしょうか?
 
 

 
 

噴水の設置

 
先程の例でもご紹介しましたが、『噴水』はビジネス運を上げる風水アイテムです。もちろんの事、ザ・ペニンシュラ香港にも設置されています。ですが、それだけではありません。右下の写真をご覧下さい。この『噴水』の周りを回る様に、タクシーやハイヤーは道を通ります。この道の流れこそが、風水トリックなのです。自然に、建物に「金運」が入りこみ、そして自然に「不運」が外に出ていくようにデザインされているのです。写真でも確認できますが、車は全て同じ方向を向いているはずです。強制的に一方通行にする事で、風水トリックで強化されるように仕掛けているのです。その他にも、様々な環境の変化からも建物を守っているのです。
 

 
本のんの地図
 
建物の場所
 

土地環境の雄

 
風水の基本は土地です。ザ・ペニンシュラ香港が建っている場所は、丁度ビクトリアハーバーが見える海沿いです。そしてその場所は、龍が水を飲み込むエネルギースポット(龍穴)になるのです。写真で確認出来る様に山に囲まれ、ある特殊な地形だと風水では言われており、それが『回龍顧祖』というモノで、龍がぐるりと後ろを向く様子の地形で、強いパワースポットである事を示しています(皆さんには、龍とその首が見えますか?)。香港の発展はこの影響だとされています。その最もエネルギーが集まり易い場所に、ホテルはあるのです。そして、ザ・ペニンシュラ香港から見える目の前の景色もまた、美しい景観をもっています。風と水が美しく調和されています。写真がその事を物語っています。
 
 

運気が上がる
 
ロゴデザイン