風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・会社・オフィス

風水研修
風水の家相
おまかせください

風水鑑定ならMasaya風水事務所

HOME | 鑑定の事例 | 一般事例②

 
<現在のご予約対応のご案内>
誠に勝手ながら現在の『ご契約数・予約状況』ですが、当事務所の許容範囲を超える多数のご契約を頂戴しております。その為、ご迷惑をお掛けしますが新規のご契約の対応につきましては、2019年1月中旬以降となります事をご理解の程をお願い致します。
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
一般事例








体調不良を改善したい
問題内容

精神病の改善に

2011年に鑑定した事例です。共働きをしている奥様からのご依頼で、旦那様の仕事が忙しく、その影響で「うつ」になっていまい頭を悩ませてるとの事でした。ですがまだ旦那様のお仕事が忙しく休暇を取る事も出来ないとの事。そこで、風水を試してみたいとのお話しを頂きました。

家庭円満なイメージ

鑑定内容
間取り

1F

家全体には「文昌貴人」と呼ばれる学業運のプログラムが潜在的に確認されました。これはその通りで、文才を意味し、ご夫婦ともに文学系のお仕事をされておられました。しかし、今回は玄関に次のウィルスが確認されました。

  • 闘牛殺

この風水ウィルスは悪さしか起こしません。特に『玄関』に存在する場合、注意が必要です。さらに偶然にもご主人の運気も壊す組み合わせとなっておりました。玄関前の環境もまたこのウィルスを強化する様な状況が整っており、ご主人への影響が懸念されるモノでした。しかし一方で「五鬼城門」と呼ばれる良い金運プログラムが働き易い事が確認出来ている事が幸いでした(実際、お金の問題は一切ないとの事でした)。

2F

今回の第2の問題点。それが、ご主人が御一人で寝ておられる『寝室』でした。

  • 頭痛・頭の問題

ご主人の寝室には、「頭にまつわるトラブル」を示すウィルスが存在し、またビジネス運を下げる場所でもありました。しかしこのプログラムは、全員に働くという訳ではなく、ご主人に非常に強く反応するモノでした。ココで原因は『玄関+環境』『寝室』の2つだという事が判明しました。実はご主人は四柱推命では「うつ」には成り難い方だったのです。その為、今回は1年ごとの運気と共に慎重に調査を行い判明したのです。ご主人の「うつ」の状況と年ごとの症状が一致していたのです。それにより、風水プログラムによる影響だと判断し、そのプログラムを元に改善策を講じました。

改善
改善提案

風水トリック

今回のケースでは、『寝室』に存在してる「頭のトラブル」と『玄関』で働いている「闘牛殺」と呼ばれる「悪性のウィルス」の2つを弱める事で問題解決の糸口を模索しました。ココで、最も大きな問題が確認されたのが「土地環境」の問題でした。このお宅だけある特殊なケースを抱えており、それだけは変更できないとの事でした。そこで、玄関に「ある細工」を施してもらう事で土地と悪いプログラムの相性を壊す事をご提案しました。若干予算がかかる作業だったのですが、すぐに実施して頂く事になりました。そして、風水の必殺技も2つ仕掛ける事で、アドバイスを終了しました。その後、状況が好転しているとのお話を頂いております。精神的な面の為、少し時間がかかるようですが、良いお話しを頂く事に成功しました。奥様の声が前より非常に明るくなったと伺っております。その後、年間コンサルティング(メンテナンス)のご要望の要請も嬉し事に頂いております。幸せにお過ごし頂いております。