風水、家相の家やオフィスの間取り鑑定!!

HOME | 鑑定の実例! | 先代から引継がれた風水建築
 
デザイン
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 |

 

過去の風水実績

 先代から続く社長一族の方からの依頼

 

 2011年のご契約内容
 
中国にも進出されている会社様からの 風水の間取り例です。初代(先代)社長が旧本社を建てる際に有名な占術家に鑑定をしてもらった経緯があり、今度の新しい本社でも、建築する際にも見てもらいたいとの事でご依頼を頂きました。その際、今回の社長様は本場の中国風水に触れられており、新たに自社ビルを建てる際に「正統派の正しい風水建築を取り入れたい」との事でした。ご要望内容です。
 
  1. ビジネス運が享受できるオフィスにして欲しい
  2. 中国式の風水間取りにしたい
  3. 駐車スペースが○○台、最低限必要
  4. 土地が決まっており、変更できない
  5. 景観などは気にしない
 
・当事務所の伝統風水(知識)と効果保証が出来ない事へのご理解を頂き(当事務所の「コンサルティング業務委託契約書」の確認と署名)、正式にご契約を頂きました。
 
※今回のご契約ですが
『1日限定の建築風水』でのご契約
 
竣工予定年:2012年
建坪数:約200坪
総土地坪数:約580坪
 
上空写真
 

 

風水のポイント

風水鑑定
のポイント

 

まず土地の調査です。今回の会社様は丘の上に建物が建設されておりました。旧本社はその丘の上の最も良い影響を最大限に活かせる配置が施されておりました。先代の占術家の先生のアドバイスによる影響である事は明白です。ですが今回はその影響もあり、良いエリアはすでに旧本社で使用されており問題を抱えておりました。
 
問題内容
 
  1. 元駐車場の崖地ギリギリの土地
  2. 土地が細長い
  3. 土地が弱い(補強が必要)
  4. 旧本社の様に、風水的な好立地の条件がない
 
 

妥協策を考える

 
専門的には『懸崖屋』と呼ばれ、運気の低迷をもたらす土地です。可能であれば、土地の変更を実施させて頂きたい状況が確認されました。風水は70%、土地環境で決まる事を考慮すると、厳しい問題でした。そこでまずは、この土地環境の悪さを克服する考察が求められました。
 
風水の間取り提案書
 
崖の写真

 

風水のポイント
 

 建築の配置図対策

 

当初の配置図ですが「ゼネコン」さんのアイデアで、ビル全体に南から光が降り注ぎ、桜を植える事で春には花見が出来る様な美しいデザイン案が提案されていまいた。そして丘の上の特徴を活かし、目の前に流れる緩やかな川が一望できるデザインとなっておりました。こちらの地域はビジネス的に有名な場所で、億単位以上の売上を誇る会社様が引き締め合う場所でもあり、デザイン性のあるオフィスのご提案でした。しかし風水的な配置においては大きな問題がありました。

 

  1. デザインと採光を重視し過ぎ、環境と風水の相性が非常に悪い
  2. 龍の入口が固定されていない
  3. 崖ギリギリの設計で、大凶の暗示
  4. 全くビジネス運が入らない

 

崖っぷちの設計図となってりました。マニュアル通り良くない 風水の間取り例でした。そこで正直に社長様にお話をさせて頂き、一から全てを見直して頂く事となりました。
 
間取り配置図

 

風水のポイント

 配置の変更

 

大きく変えたのは、本社ビルの中心の変更です。『ゼネコン』さんのご提案では崖ギリギリにデザインされていました。巒頭派の観点から見て大凶の判断となります。そこで第一に、中心を大きく動かして頂きました。また風水では、土地に対して建物の中心は非常に意味のあるモノです。建物の中心がずれる事による「間取りに巡る金運が活きるか、死ぬか」が決まります。オフィスや企業ビルにおいて重要なのがまず第一に「ビジネス運」です。今回の土地では、建物の正面によい金運が来る『双星』のプログラムが確認されていました。しかしその一方で、部下・外交運が弱くなる可能性ももっていました。そこで、正面入り口(玄関)にトリックを仕掛けたデザインを採用してもらいました。そして、今回採用した風水プログラムの内容です。
 
  1. 双星会向(~2023年まで、強い幸運)
  2. 五鬼城門(金運UP)
  3. 五鬼運財水法(金運UP)
  4. 入水・去水の調節(幸運の調節)
  5. 三合水法の合局
 
長期的なビジネス運の享受という事もあり、建物のデザインと運気・プログラムを合わせても違和感のない提案を行いました。大きな特徴としては、入水・去水の調節が可能だった事です。土地に少し余裕があった為、従業員の車の流れを調節する事により、金運双星の運気をさらに強める事に成功しております。このデザインにより理論上、約50年間のビジネス運を保つ事が出来る本社としました。
 
間取りの中心の例

 

風水のポイント
 

間取り対策!

 

配置が決まりましたら、今度は間取りの内部構造になります。重要になるのは『営業関係』『社長室(今回は2F非公開)』等がポイントになります。詳細は伏せさせて頂きますが、風水では「金運」を如何に使いこなすかが重要となります。「金運」は限られており、その少ないエリアを使用する事はもちろん、代用できる運気も最大限使う必要があります。そして怖いのは「ビジネスの不運」の影響です。商売において、「災い」しかない影響です。今回の作戦は、徹底的に「目に見えない運気」にこだわりゾーニングを行いました。その結果、2つの間取り案が提出され、一つが採用となっております。どの案が採用されたか、ご判断付きますでしょうか?
 

※この『建築間取り』と『デザイン』はこの土地環境+建築時期に合わせた提案となります。その為、この通りに他の土地にデザインしても、この風水は一切働きませんのでご注意下さい。

間取り図面の2つの例

 

風水のポイント

エクステリアの調整

 

最後に、エクステリアの調整です。環境からの悪い影響を整えるために、外構に細工を行います。風水は必ず、環境の影響を受けます。良い影響の場合はそのままですが、悪い場合は対処は必要です。今回は陰陽五行理論を用いて、対策を行いました。
①5本の金属製のポール
本社のとある方位に合わせて設置して頂きました。これにより、本社に降りかかる災いを弱めます。
 
建築の外観イメージ

 
 

風水のポイント

気になるその後

 
旧本社は、理論通りの最適な風水の土地に建設され業績を上げていかれました。今度の土地は、真逆ともいえる『懸崖屋』の土地。非常に心配されました。その近況結果です。

 

 総売上(国内・海外含む)
・2016年:134億円
・2017年:163億円
・2018年:172億円
 
 
結果的に、良い数字を拝見する事が出来ました。さらに3代目の新社長に交代され、新たな設備投資も行われました。風水建築、そして事業が引き継がれる形となっております。
 
運気が上がる
 
ロゴデザイン