風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・テナントの金運、幸運UP

プロの風水鑑定で、あなたの仕事・暮らしを応援!!Masaya風水事務所

rsssitemapヤフー風水カテゴリー
風水研修

HOME > 風水の姿 > 風水の実例⑧

世界の風水

特別編

ベトナム統一会堂と風水

ベトナム戦争時に使用された建物。
風水師が設計に携わった建築です。
しかし、その建物を使用していた南ベトナムは敗戦。
一体、何故だったのでしょうか?

現存する、風水鑑定書

ベトナム統一会堂の写真



ベトナム統一会堂と風水の土地の例

敗戦と風水の裏話

ベトナム統一会堂

1966年に、南ベトナムの建築家によって建てられた当時の大統領府。ベトナム戦争終結まではベトナム共和国の大統領府及び官邸とされ使用された建物です。ここでは簡単に、1966年以降の歴史をご紹介します。
①1966年:南ベトナムによって現代建築として建築。南ベトナム大統領府及び官邸として使用。
②1975年4月8日:北ベトナム軍が鹵獲したノースロップF-5戦闘機による爆撃を受け、同年4月30日:ベトナム戦争終結時に、サイゴンに突入した北ベトナム軍の戦車がこの建物のフェンスを破り突入し、南ベトナムの首都サイゴンは陥落。
③その後、南ベトナムは正式な政府に発展すること無く、1976年4月にジュネーブ協定以来の懸案であった南北統一選挙が行われ、南ベトナムは消滅(南ベトナムのバックにはにはアメリカの支援がありました)。

風水の土地の影響

風水は、発展する為に利用されるモノです。しかし、風水を施したはずの大統領邸が完成した10年後に、そこを使用していた南ベトナムは消滅の道を歩みました。この裏には、土地の影響が強いと考えらます。左の写真をご覧下さい。統一会堂の前には、大きな川が流れています。丁度、統一会堂の前で川が大きく蛇行しているのがお分かりでしょうか。これは『騰蛇水(死の蛇)』と呼ばれ、アクシデントやトラブルを意味するモノです。土地は人に良い意味でも悪い意味でも大きな作用をもたらす例だと言えます。

masaya meno

以上、世界の風水事情でした。
たった8つの実例のみでしたが、
皆さんはどこまで風水の事をご存知でしたか?