風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・会社・オフィス

風水研修
風水の家相
おまかせください

風水鑑定ならMasaya風水事務所

HOME | 風水鑑定料金 | 良くある質問

 
<現在のご予約対応のご案内>
誠に勝手ながら現在の『ご契約数・予約状況』ですが、当事務所の許容範囲を超える多数のご契約を頂戴しております。その為、ご迷惑をお掛けしますが新規のご契約の対応につきましては、2019年1月中旬以降となります事をご理解の程をお願い致します。
良くあるご質問
 
風水について
 
具体的な風水アドバイスの回答は控えさせて頂いております。

自転車レースを例に、簡単にご説明します。

日本の99%の方は、この様に風水の事を思われております。『風水が宝くじを当ててくれる』と。もし本当にそうでしたら、風水が宝くじを当ててくれる=人は何もしなくても、風水が勝手にお金を運んでくれる。こうなります。すごい技術ですね。。。これは迷信です。風水は活用し、最大限に利用するモノです。自分のパワフルな未来のために。そのたとえ話を自転車レースにして説明させて頂きます。レースは、前に進む必要があります。
風水の例え
 
人は人生という名の『坂道』を毎日、必死で漕いでいます。それには、運勢と言う名の『自転車』が必要です。前に常に漕ぎ続けるには、心身ともに支えてくれる『ケアマネージャー』が必要です。そして、『自転車』のコンディションを調整・改造してくれる『メカニック』が必要になります。
 
 

運転手(クライアント)

実際に坂道を走る役割を持つ、重要な役割の運転手です。
<長所>自由に、自分の判断で自転車を漕ぐことができる。
<短所>どんなに性能のよい自転車を持っていても、どんなにコンディションが良くても、漕がなければ前に進まない。
 

応援
 

ケアマネージャー(カウンセリング・ヒーラー)

運転手をケア・励ます役割を持つ、補佐的な存在です。
<長所>人の心を癒し・支えとなり、前向きにしてくれる。
<短所>運転手と共に自転車を漕ぐ事は一切ず、直接的な事は出来ない。
 

メ
 

メカニック(風水師)

自転車の補佐・メンテナンスを行う、裏方的な役割を持つ存在です。
<長所>自転車の性能を把握し、修理・改造によって性能能力を高める。
<短所>運転手の要望に合わせて性能のセッティングは出来ても、運転手と共に漕ぐ事は出来ない。
 

風水とは

風水は人の人生を力強くサポートしてくれる素晴らしい技術です。同じ『自転車』でも、漕ぎ易いモノと、漕ぎ難いモノ。どちらでも、レースに参加できます。体力のある方(運勢が強い方)は、漕ぎ難いモノでも漕ぎ続ける事は出来ます。ですが、漕ぎ易いモノの方が、前に進みやすいのは事実です。風水師は『自転車』の性能を上げてくれるメカニックマンです。回答とさせて頂きます。
 

土地選びの風水基準について

現在、土地を購入するために土地を探しております。風水を気にした土地を探したいと考えているのですが、どのような土地が良いかアドバイスをお願いします。。。具体的な吉相の土地については「ご契約後」となりますが、誰にでもわかりやすい基準があります。それが「相場以下の土地」です。これは、明らかに相場よりも安い土地があります。そのような土地は、凶相である確率が高いです。不動産屋さんが値段を大幅に下げて手放したい=良くない土地である事を知っていると考えられるためです。以外に、不動産屋さんはいわくつきの土地・縁起の悪い土地の情報を知っておられる場合がありますので、参考にしてください。
 

風水と東西南北の影響について

北向きの日当たりの悪い土地に住んでいるのですが、風水的に悪いでしょうか?今のところ、何も起きていないのですが。。。実際に現地調査をしてみないと吉凶は分かりませんが、風水は東西南北だけで吉凶は決定しません。環境と運気との相性で吉凶を判断します。その為、北向きでも「発展している会社様」や「大手企業で幹部候補」にまで出世されているご契約者様もおられますのでご安心ください。
 

運気と時間の関係について

他の専門家の方に、運気は建物を建てて20年で終わると言われました。その時はまた、建て替える必要があるのでしょうか。。。玄空学では二元八運、玄空飛星学では三元八運と呼ばれる時間の周期があります。この中で、三元八運は20年ごとの時の周期をもっております。風水ではこの時の影響は建ててからではなく、年が決まっております。ここ最近では2004年より運気の切り代わりが起きており、それにより運気の変化が起こると考えます。その為、風水の時の影響は建てた時ではなく決まった年毎に変化すると考えて下さい。その為、運気が建てて20年で終わる事はありません。吉凶を決定するのは、土地です。
 

土地が風水的に悪い場合について

風水的に悪いとわかっている土地を購入しました。その理由は○○です。ですので何とか間取りで、対応して頂きたいです。。。風水では土地は70%の吉凶を占めます。つまり、風水の70%は購入される土地によって決定されます。もし本当に凶相の場合、50%の風水を目指します。これは『外構デザイン20%』『間取り内部30%』で50%です。ただ50%を目指すには、風水理論を基に完璧にデザインする必要があります。そして建築費用も余分に必要となりますので、出来る限り避けられます事をおススメします。
 

家相と風水について

自宅の中央に階段が設置されております。風水の書籍を見たところ、太極に階段は凶とあり心配です。。。風水では、『階段』は運気とのバランスを調整しながら配置を考察します。現在の自宅に流れる運気との相性で吉凶が決まりますので、限定的に『中央に階段はNG』と考える事はありません。『風水と階段』の関係については、もっと重要なバランス理論「形勢派(内家巒頭)」がありますので、そちらを気にされたほうが良いかと思われます。
 

金運風水について

金運が無いと自分では思っております。頑張っているのに、お金が貯まりません。これは風水の影響があると思っております。金運を上げる方法を知りたいです。。。誰しもがお金は大好きです。お金を好きでなくては、お金から好かれません。風水ではこの様に対応します。まず「金運」のありかを理論的に土地の状況から判断していきます。そして見つけた「金運」を強め活性化していきます。本来は、外部環境が勝手に「金運」を強めてくれる状況が好ましいのですが、通常は難しいです。その為、強める方法をご提案します。もし「金運」が全くないと判断された場合、事務所の移転or引っ越しも視野に入れた対応を行っております。
 

不運な物件にしてしまった場合

結婚して新居を建てました。引っ越す前は夫との関係も良好でした。しかし引っ越してから、急に関係が悪化しております。。。風水が全く入っていない建築です。この時、2004年以降に建築され高い確率で、不運にも「不運プログラム」が働く建物の場合があります。これは『上山下水』と呼ばれ、災いの運気とされるモノです。この風水要因は、環境と角度、そして建物の構造デザインで決定されます。
非常に多い典型的な不運パターンです
引き金になるのは「玄関」と「寝室」です。配置変更と人の動きによる改善が求められますが、「不運プログラム」は非常に厄介な性質を持ち、長期にわたり災いをもたらします。特に、健康・人間関係、そして小さなお子さんに悪い影響が出やすいです。この状況については改善ではなく、売却をおススメしております。風水は万能薬ではありません事をご理解ください。
 

いわくつき物件の風水について

現在、お店を開店したくて物件を探しています。見つけた物件なんですが、良くお店が変わる物件なんですが、風水で何とかなるでしょうか。。。私はいわくつき物件と呼んでいるのですが、入れ替わりの早い物件はあります。そのほとんどが風水的に『衰気』とよばれる、気が低迷している状況である事がほとんどです。人にも波があるように、建物にも波があります。良い波が来ている物件は、なかなか空きません。逆に、波が来ていない物件はすぐに空きがきて、賃料が安いです。風水鑑定においては「レジ」「従業員スペース」「入り口」など、調節することで対応します。問題は「金運」の有無となります。調査の結果、「金運なし」と出た場合は応相談とさせて頂きます。
 

マンションでの対応について

分譲マンションを購入をしました。中古のため、内装をリノベして新しくしたいと考えております。その際、風水を採り入れたいと考えております。。。分譲マンションの場合、運気がすでに決定してますので、運気を特定してからのコンサルティングとなります。計算された理論的な運気より、間取り内部をご提案していくことになります。ここで重要なのは、「玄関」と「バルコニー」の配置です。この2つはマンションにとって運気を採り入れる重要なポイントです。ただこれは構造上、改装が出来ません。その為、運気と「玄関」「バルコニー」との相性が最大の課題となります。それ以外につきましては、風水に合わせたリノベーションとして対応します。
 

理想的な間取りは変えずに風水を行う事について

間取りは理想的なデザインが完成しており、一切変えたくありません。ですので、風水アイテムなどで幸運になるようにアドバイスをお願いします。。。風水は土地に建物が完成した時点で、全ての吉凶が決定します。ですので、その中で運気を『調節』することになります。これは医療と同じく薬(風水トリック)を作ることにより、悪い運気を弱め、良い運気を強める作業です。これにより、パワフルな幸運の気を多くすることを目的とします。ただ風水を気にされる方は、吉凶結果に愕然とされる方が多い為、おススメはしておりません。
 

間取りは出来ているので、外構風水だけ鑑定してほしい

間取りは独学風水の範囲で完成しており、建物の中心の取り方と外構デザインだけの風水をして欲しいです。。。これは多くの方が勘違いをされておられます。
①土地環境に合わせて、配置と外構デザインの大筋を決める
②購入された土地より、建物の形と大きさ(面積)を決める
③幸運な運気になるように、角度を決める
④間取り内部を決める
これが正確な建築風水の順序になります。間取りは、土地環境に合った配置と風水角度が大筋決まってから詳細に決めていく必要があります。駐車場の配置+人の動き+運気の入り口などを決め、それに合う運気を特定してから初めて、間取りを決めていきます。間取りと外構・配置は一心同体になります。外構風水と間取りを切り離した風水構築は出来ません事をご了承ください。
 

伝統風水と東洋占術の違いについて

私は○○〇星の人間で今年は〇方位に○○〇星が巡り、凶と判断されます。ですので今年は、〇方位に引っ越しが出来ません。。。日本独自の「九星気学」の理論において、個人ごとに引っ越してはいけない方位があり、気にされて引っ越しが出来ない場合があります。もちろん、『伝統風水』においても年方位毎の吉凶が定められております。しかし、『伝統風水』と「九星気学」では計算式の理論が大きく異なります。詳細は控えさせて頂きますが、当事務所の場合、吉方位は『奇門遁甲』の技術を使用して対応を行っております。
 

 鉄塔の定義について

近くに鉄塔があります。どのくらいの距離だと影響があるのでしょうか。。。風水では鉄塔は「電磁屋」と呼び、現代風水の問題となっております。「外家巒頭」の分野では正確な距離ではなく、見える距離であるかどうかの判断。また現実的に、体に変化か起きるかどうかの基準:2ミリガウス以下で判断されます(測定器が販売されております)。その為、具体的な理論上の距離についての回答は出来ませんが、理想としては50mは離れた地域が好ましいと推測されます。
 

 凶相の土地について

現在、突き当りの土地に住んでいます。対処策はありますか。。。風水ではこの様な土地を「T字殺」と呼び、災いの土地とされます。この様な土地は風水が盛んな中国やシンガポール、マレーシアでも知られており対処策が考案されております。これは、外部の問題『外家巒頭』となります。その為、外構の風水を施すことで対応します。
 

崖地などの特殊な土地について 

どうしても見晴らしの良い崖地が気に入っております。プライバシーも守られ、景色も素晴らしいので、風水に合わせて建築風水をしたいと考えております。。。風水ではこのように考えます。本当の山の上の場合は「騎龍」となり、子孫の途絶え。崖地の場合「懸崖屋」となり、運気の大幅な低迷。高台特有の傾斜を活かした建て方の場合「洩気屋」となり、 金銭の問題と浪費の凶となります。これらを了承頂いた上での対応となります。一番の問題点としては、気を守る状況が出来ません。その為、運気の入り口の問題など様々にリスクを負う土地となりますので、出来ましたら避けられます事をおススメします。  
 

風水とタブーデザインについて

購入した土地の面積の関係で、ビルトイン式の建物を検討しております。。。都心部の方に多い内容です。古典風水においては、タブーデザインとなりますので、避ける事が最適な選択方法となります。これは「地窖屋」と呼び、未来の不安定の暗示となり忌み嫌われます。この様な場合、立体的な間取りを工夫することで対応をおこなっております。条件として、狭小地でない事を挙げております。問題は、土地との相性になります。風水の運気は、土地が全てを決定します。土地自体が凶を示している場合は、応相談とさせて頂いております。
 

風水と2世帯住宅について

現在、2世帯住宅を検討しております。風水でアドバイスをお願いします。。。通常の2世帯住宅の基本は、一つの家に別の2つの生活空間を設けることになります。風水の幸運は、その数が限られております。その為、運気の偏りが必ず生じます。親世代or子の世代、どちらかを優先せざる負えません。さらには、現実的な面積の制限もあります。2世帯住宅は、通常の家とは異なり2倍の水回りも必要になります。そして太極(運気の中心)も変わる可能性もあり、安定せず危険です。その為、風水に合わせた2世帯デザインにする事で対応しております。
 

墓じまいについて

都心部ではお墓の確保が難しく、墓じまいをして合同墓地を考えております。風水ではお墓が重要と言われましたが、大丈夫でしょうか。。。当事務所の答えとして回答させて頂きます。風水の基本は陰宅=お墓です。お墓はその子孫3代まで影響が及ぶとされます(諸説あり)。もしご自身にお子様が居られないようでしたら、合同墓地でも問題ないと思われます。ですが、ご子孫が居られる方につきましては、子孫繁栄の最大の源となるお墓は間違いなく重要です。もし、ご自身の両親のお墓を検討されて居られる場合は、自身にその良い悪い影響が及ぶと考えます。古来中国の風水師は、借金をしてまで良いお墓地(龍穴)を購入した歴史が残っている程です。ご先祖様を敬う気持ち、その力を強化してくれるお墓は力強い幸運を生み出す原動力となります。状況に合わせてご検討してください。
 

凶相とお墓の関係について 

実家のお墓が、線路の横にあります。どういった影響がありますか。。。古典風水で教えられる知識は、現代社会になるまえの環境下での幸運になる為の知識です。その為、古来に線路はありませんでした。これは現代風水の範囲となり、正式な回答は難しいです。ただ線路の近くは「火車殺」と呼ばれ、精神的なストレスをもたらすとされ、明らかな凶相の一つです。はっきり申し上げられるのは、幸運をもたらす事は難しいと判断されます。出来る限り、お墓の引っ越しをご提案させて頂きます。
 

新しい埋葬について

金額や立地の事を踏まえ、樹木葬を考えています。風水的に良いでしょうか。。。当事務所の答えとして回答させて頂きます。風水の基本は陰宅=お墓です。お墓はその子孫3代まで影響が及ぶとされます(諸説あり)。もしご自身にお子様が居られないようでしたら、樹木葬でも問題ないと思われます。ですが、ご子孫が居られる方につきましては、子孫繁栄の最大の源となるお墓は間違いなく重要です。もし、ご自身の両親のお墓を検討されて居られる場合は、風水的に良いお墓を作られます事をおススメ致します。風水のお墓は、土地の条件もさることながら、幸運な方位・角度調整にまで至ります。樹木葬の場合、墓石がありませんので角度調節が出来ません。その為、理論的に計算ができず良い悪いの判断ができません。この回答は難しいのが現状です。
 
お申込みについて

申し込む際の手順について

①メール・電話にてお問合せ下さい。
②お客様のご要望の鑑定コースを選択頂き、鑑定金額・諸経費等のご連絡をさせて頂きます。その他、ご不明な点等に先にお応えさせて頂いております。
③上記内容を踏まえた上で、「コンサルティング業務委託契約書」をお送りさせて頂きます。
③契約書にご同意後、具体的な鑑定日時の選択、事前調査の為の「間取りや住所」等の情報をお送り頂きます。
④鑑定開始となります。
 

風水鑑定の申し込みの際の種類について

一般の方でしたら「 一般風水
ビジネス系の方でしたら「 事業風水
新築・リフォーム等の間取り関連でしたら「 建築風水
分譲・中古物件の鑑定の場合は「 建売風水
お墓関連の場合は「未設定」
 

カードのお支払について

対応しておりません。大変申し訳ありませんが、お支払いに関しては、お振り込みor現金でお願いしております。
 

領収書の発行について

発行しております。風水鑑定は、『○○に対しての風水コンサルティング代』と記載して発行します。当事務所をご担当頂いている税理士の先生のご助言の上
①事業に関するコンサルティングである事
②具体的な内容明記がされている事
これらの条件により、経費としてご利用いただけます。
 

鑑定のお申込みの時期について

当事務所では、正確な鑑定を行う為に事前調査を行っております。その為、事前に『ご予約』をお願いしております。しかしお急ぎの場合で鑑定力が落ちても構わないとおっしゃって頂ければ対応させて頂きます。また、運気の特定を必要としない「家相風水」の場合は、調査の必要がありませんのですぐに鑑定が可能です。

お支払いの時期について

基本的に鑑定料金は「先払い」でお願いしております。過去に『イタズラ鑑定』の経緯があり、鑑定先にご依頼者以外の方が住んでおられた事がありました。その防止策とさせて頂いております。また、分割につきましては情報を扱う仕事上、ご依頼者様にお会いさせて頂いた上で、応相談とさせて頂いております。
 

コンサルティング業務委託契約書について

当事務所では、契約に際して「コンサルティング業務委託契約書」の確認と署名をお願いしております。当方が扱う商品はモノではなく情報となります。その為、情報の保護をお約束頂けるご契約者様のみに絞らさせて頂いております為、ご了承のほどをお願い致します。
 
鑑定料金について

風水の最終的な金額について

事前に大まかなご提示をしております。当事務所では明瞭設定の為、全ての鑑定において料金を明記しております。基本的に坪数×〇円としておりますので、契約の際に簡単に最終的な鑑定金額が分かるようになっております。また、鑑定後に風水セカンドピニオンでご相談頂くような、多額の別途請求(遠方慰安費用・風水アイテム代・特別顧問料など)は一切ございません。
 

最終的な坪数が決定していない場合

当事務所では、建物の大きさ=坪数によって単純に鑑定金額を決めさせて頂いております。まず坪数ですが
1坪=3.30579㎡
これが基本となる計算です。当事務所では、契約開始金を設けて最低鑑定金額を設けております。この際、50坪を超える場合は単純に坪数×〇万円として計算しております(外構風水の場合も同様)。50坪を超える場合は、建築確認申請が提出された際に残金をお支払い頂いております。ただ・・・50坪以下の場合は、最低鑑定金額での対応となりますので、10坪でも50坪でも同じ金額となります。
 

出張費用について

一律対応となります。お客様の場所へ伺う等、移動が発生する場合には一律で「出張費」を頂いております。これは距離に関係なく1日として計算しております。宿泊との関係ですが、往復移動時間が5時間を超える場合に「宿泊費用」を頂いております。参考までに
関東や関西方面:一律3万円(交通費・宿泊費・出張費込みで1回毎)
北海道や東北方面:一律5万円(同上)
 

新築・リフォーム鑑定等の開始金について

建築メーカーさんは分割・段階払いでの対応のため、同じく後払いでのご要望が多いのですが、当事務所は『情報』を扱う事業となります。商品は情報となります。その為、商品(『間取り提案』や『風水アドバイス』)は一番最初に全て提示する形となります。その為、情報を受け取った途端、過去に途中解約をされる方が見受けられた為、現在は契約開始金は鑑定前にお願いしております。情報を扱う仕事の特性上、ご理解ください。
 

鑑定金額の金額設定について

一般的な『家相学』と『伝統風水』では、相場が全く異なります。この質問については、日本の風水事情がございます。日本では『家相』と『風水』が混在され、提供されています。その為、よく見られます相場としまして3万円~5万円程度かと思われます。当事務所でも、運気を主体とした風水鑑定ではなく、純粋に間取りの形のみによる吉凶判断「形勢派(内家巒頭)」の家相風水の場合は、5万円で対応しております。これは単純な理由で調査の必要がなく、すぐに対面にて鑑定が行えるため、この金額で対応が可能となります。設定金額には理由があります事をご理解ください。
 

時間分、鑑定金額の値下げについて

鑑定コースによって、最大〇時間までと設けております。その為、半分の時間を希望するので鑑定金額も半分にしてとのご依頼です。こちらですが、事前調査に数日を要して書類作成と考察を行い、当日の鑑定に臨んでおります。その為、当日の鑑定時間を半分にした場合でも、鑑定料金は通常金額を頂いております。
 

鑑定中の対象の土地が変わった場合です

建設用に購入された土地。すでに「建築の段取り+風水コンサルティング」が進んでいる状態で何かしらの理由で、別の土地を再度購入し、一から建築風水の依頼をされる場合です。この様な場合は大変申し訳ありませんが、継続での対応ではなく『再契約』とさせて頂いております。土地が変わる=風水状況も最初からのやり直しとなります。当事務所としては、全く一からの新しい建築風水コンサルティングとなりますので、再契約とさせて頂いております。
 

日数無制限の際と交通費の対応について

日数無制限対応の場合、「建物が完成までずっと+1年サポート」が付きます。この際の交通費ですが、初回だけは対面での説明が必要となりますが、それ以降はメールでの『図面・配置図・立面図データ(PDF)』のやり取りが可能です(建築関係者様より直接、メールで情報をやり取り出来ます)(風水師嫌いの建築家さんの場合は、お客様よりメールを頂戴してやり取りさせて頂きます)。その為、交通費は1回~3回程度となりますのでご安心下さい。もちろん、お呼び頂けましたら何度でもお伺い対応させて頂きます。
 
鑑定について

建築家さんと上手に図面を調節していく事について

長年こちらの仕事をさせて頂いておりますと、建築家さんとお仕事をさせて頂く時があります。その場合、風水を採り入れる事を嫌がられるケースがあります。その場合は、風水を依頼していると言わないで下さい。「風水を気にしていると、建物が建てられません」と、回答される場合があります。この言葉は、間違いです。大手銀行・高級ホテル・大手ショッピングモール等々は、風水を最優先にして設計され、オシャレで優雅にデザインされています。建築が出来ない事は絶対ありません。そこで対策です。建築家さんを挟まずにお客様に直接、ご提案を行います。そして、『お客様の意思』で間取り案を提案するという形を繰り返す作業を行っております。経験上、建築家さんは設計・デザインに誇りを持たれている方が多いので、その様な場合は上記の様にご対応致します。この方法が最も有効でした。

お手軽な家相風水について

『家相風水』は、目に見えるデザイン・構造のみで吉凶を判断する形勢派(内家巒頭)の観点より、鑑定を行います。その為、間取りを見るだけでアドバイスが可能となります。窓の位置や大きさ・玄関の配置・階段の向きや配置・ベットの置く場所・キッチン配置・リビングの配置内部等。内部の構造を「内家巒頭」の知識よりアドバイスさせて頂きます。目に見えない運気を特定する必要がありませんので調査の必要がありません。その為、お手軽に金額ともに対応が可能です。
ただ、金運や幸運などの運気に合わせたアドバイスではありませんので、通常の『伝統風水』との差異が生じる可能性がありますことをご了承頂いております。
  

鑑定時間について

鑑定内容によって異なります。通常の風水鑑定でしたら事前調査の後、訪問の際は最大4時間までとさせて頂いております。建築・リフォームにつきましては、『日数無制限』の場合は3ヶ月~(お客様の図面が決定するまで)+サポート期間となります。物件探しの場合、1日同行:最大4時間までとさせて頂いております。
 

1回目の際は、席を外して頂いております

建築風水において、1回目のアドバイスの際は「建築関係者」様の立ち会をお断りさせて頂いております。その理由は2つあります
風水の情報漏洩の防止
これは単純な理由で「ご契約者様」のみ、当事務所の風水技法をお伝えしているためです。風水は情報・知識が全てです。その為、秘密事項も多く、「建築関係者」の方には一切、秘密とさせて頂いております。
風水の方向性を確定して頂くため
長年こちらの仕事をさせて頂いておりますと、様々な状況に出会います。中身(目に見えない運気)より、外見(デザイン性)に目移りする。人は目に見える情報を重要視します。これは仕方がない事です。。。これは、風水を気にされてご契約頂いた方でも、建築関係者様の意見やモデルルームに影響を受けられ、デザイン重視に最終決定される方が、過去の経験よりおられます。これは当事務所の力不足でもあります。ですが風水は「結果が100%保証されるモノではありません」=正確に風水鑑定を行わなければ、もっとその効果の確率は下がる事を意味しております。その為、一番最初に風水の意味・技法・配置・ゾーニングなど、その意味と暗示までお話させて頂いております。全てには意味があります。その上で、風水orデザインを採るかを最終的に「ご契約者様」に決めて頂けるように、一番最初に「ご契約者様」だけでコンサルティングを実施させて頂いております。この方向性が決まらない限り、建築関係者様と打ち合わせが出来ないのです。ご理解の程を、お願い申し上げます。
 

鑑定内容について

運気の特定を行います。風水鑑定士によって異なりますが、私の場合は土地環境を調査した後、見えない運気の特定作業を行っております。その後、風水のアドバイスを行います。そして、仕掛けが可能であるかの確認を行います。怪しい物品販売などや、魔よけ等の押し売りは一切しておりませんのでご安心ください。
 

鑑定後のサポートについて

コース別に応じて対応致しております。当事務所では、お客様の『ご予算』に応じてサポート期間を設けております。しかしその『ご予算』によっては、サポートが付けられない場合がございます。ご理解をお願い致します。

鑑定後のサポート期間について

無料アドバイス期間です。年間コンサルティングにみられる「サポート」ですが、これは風水鑑定の終了後の無料アドバイス期間です(電話・メール対応)。
①聞き忘れた事があった!
②風水で良いと言われたけど、違う事をやってみたい!
③アドバイスされたけど、良く分からない
等々のアドバイスを行っております。

問題の内容について

残念ながら、結果や効果の保証は行っておりません。風水は世界中のビジネス業界にまで浸透しました。ですが、解決できない問題があるのも事実です。最新現代医学で治療を行っても直せない病気がある様に、風水にも同じ事が言えます。風水はその問題に対して薬を調合して、治療して行く作業と同じなのです。日本で見られるような霊感商法的なモノとは異なる事をご理解下さい。
 

建築・リフォームの際の質問について

大丈夫です。今まで話を進めていた設計事務所との商談がうまくいかず、他の設計士に依頼変更した等々。この様な場合でも、追加料金無しで対応しております。予算等で折り合いがうまくいかない事は良くあります。ただし、購入された土地が変更された場合は、新たに別途請求とさせて頂いております。

風水鑑定に必要なモノについて

『間取り』『建築年数』と『住所』と『生年月日+生まれた時間』。必要最低限、必要なモノです。住所ですが、日本では良く「方位」さえあれば出来ます!!と言われますが、風水は周囲の土地環境と正確な方位角度の両方を確認する必要があります。また生年月日に関しては、追加調査として必要とさせて頂いております。そして、残りは現地調査にて確認した上で、風水鑑定を開始させて頂いております。
 

風水のアドバイス内容について

当事務所では一切、風水アイテムなどの物品販売をおこなっておりません。当事務所が扱う商売道具は『知識』です。占術コンサルタント業である為、その全てが情報になります。その際、陰陽五行を利用したアイテムの設置をお願いすることがあります。これらは「パワーストーン」や「護符」「八卦鏡」の様なモノではなく、普通にアマゾンなどで手に入る雑貨で対応しております。ですので、風水が仕掛けられている事は普通の方は分からないようにしております。
 

一部のご契約者様のみ対応

占いにつきましては現在、過去に当事務所の風水鑑定を行われた方のみ、対応しております。
 

吉条件が見つからない際について

風水的に好条件の土地や物件、私と一緒に1日まわっても見つかる可能性は低いのが現状です。幸運をもたらしてくれる土地・物件、早々見つかるモノではありません(高い確率で、風水的に凶条件です)。ただ、妥協する事は出来ます。その判断は「ご契約者様」に委ねさせて頂いております。しかし妥協したくない!!と言われる方が多いです。その様な場合、2回目以降は特別料金にて対応させて頂きますのでご安心ください。土地・物件探しは経験上、根気と努力です!!
 
その他

鬼門と裏鬼門の採り入れについて

日本で圧倒的な認知度を誇る「家相学」。その為、絶対条件として『鬼門』と『裏鬼門』を守った間取りのご要望についてです。『伝統風水』で計算上、鬼門の北東や裏鬼門に南西に「金運」や「幸運」が巡ることがあります。ここで守るとは「玄関」や「キッチン」の配置の事を示しておりますが、計算上必ず相成れない部分が出てくる可能性があります。その様な場合は説明の上、ご納得頂いた上で柔軟に対応させて頂いております。
 

風水の弱点について

消費税増税前の駆け込み住宅建設ラッシュ時に、非常に多くのご依頼を頂きました。『風水は土地+建物が決定した時点で全てが決まります』。風水は「物件選び」or「建物」の際に行う事が最善の策となります。その為、『風水を全く取り入れていない建築』の場合、風水的に不利な状況である可能性が高いです。ほとんどの方が、この事実をご存知ありません。その為、この事実をご理解頂けるご契約者様のみ、対応をさせて頂いております事をお許しください。
 

風水への誤解について

私なりに、回答しております。詳しくは『 風水とは』をご覧下さい。
 

ご契約者様の公表に関して

風水師には絶対的な『守秘義務』が課せられています。これは盧風水大師の一番の教えでもあります。当事務所は実績が無い頃より、「ご契約者様」よりご信頼を頂き、風水コンサルティング契約を頂戴してきました。そして事業開始以来、「守秘義務」を通してきております。SNSなどでも一切、社名などを公表しておりません。実績での広告宣伝が利用できない分、厳しい面もございますが、それ以上に「ご契約者様」を売名的に公表する事は、その信頼を裏切る事になると考え、一切の公表は控えさせて頂いております。
 

企業や会社名、お名前、住所の情報取り扱いについて

風水師の鉄則である「守秘義務」の下、ご契約者様の「企業や会社名」「お名前や住所」は一切公表いたしません。また当事務所でも「鑑定実績」は掲載しておりますが、「企業や会社名」「お名前や住所」、そして明らかに特定されてしまう「正面写真」等の掲載は一切、行っておりませんのでご安心ください。
 

無料での風水アドバイスについて

本物の『正しい情報』は、ネットではまず手に入りません。当事務所にとって『風水知識・ノウハウ』は長年苦労して手に入れた宝物であり『商品』です。その事をご理解頂けましたら幸いです。