風水、家相の家やオフィスの間取り鑑定!!

HOME | 風水と家相は全く違う! | 吹き抜けは吉相!?
 
デザイン
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
 
 
 
吹き抜けは「欠け」で、不運を招くデザインである
 

NGワードなのでしょうか

 

吹き抜けと風水

 
<家相の考え方>
 
風水デザインでは絶対的なNGではありません。
「家相」の一部が抜けると「欠け」になってしまいます。現代のオシャレな建物には必要不可欠な『吹き抜け』です。理論的には『吹き抜け』は、間取りのデザインを「欠け」させてしまう為、「凶相」を招くモノとされ忌み嫌われます。建物に穴を開けるという行為は、その部分の運気を壊す事を意味し、改築・リフォームを行う事で対策が必要になります。
 
<伝統風水の考え方>
 
風水デザイン的には、光熱費を気にしなければ問題はありません。「吹き抜け」はうまく活用する事で、大きなサポートをもたらしてくれる事もあります。風水的には診断技術集との計算の上で、判断次第で吉にも凶にもなります。「吹き抜け」の間取りが欲しいと思われておられる方につきましては、朗報となります。ただし「吹き抜け」は、そのエリアを完全に失う事を意味しておりますので注意も必要となります。
 
 

 
 
風水の具体的な参考例です
 
 
ショッピングモールの吹き抜け
 

ショッピングモールと風水

 
『吹き抜け』のある建物を見てみます。流行のショッピングモールの間取りにはほぼ、建物全体を通る「吹き抜け」があります。1F~3Fまで大きなモノばかりです。その様な大手のモールには、多くのお客が来店しています。SCトップとなった「イオン」の店舗戦略に、「専門店」+「吹き抜け」は付きモノです。特に象徴的なのが『イオンレクタウン』です。行かれた方はすぐにご理解頂けるかと思われます。中央に、大きな『吹き抜け』がデザインされています。非常に面白い間取りを採用しています。ショッピングモールのビジネス運を建物全体で強める役割を担っているように風水の理論では思われます。
 
ただ「吹き抜け」は、風水の診断技術による計算の上で使用する必要があり、下手をすると不運をもたらす事がありますのでご注意下さい。
 
 

運気が上がる
 
ロゴデザイン