風水、家相の家やオフィスの間取り鑑定!!

HOME | 風水の話 | 風水 | 基礎工事について
 
デザイン
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |

 
 

家の工法

 

基礎工事について

 

建築の基礎

 
あまり重要視されない基礎工事の知識。ですが、地震対策や建物(家・住宅・オフィス・店舗)の強度に関係する重要なポイントです。今ではほとんど同じ基礎工事が使用されていますが、知っておいて損はない知識です。
 
知らないと、損をするかもしれません。

布基礎

 

土地を残す

 
布基礎
 
建物の外壁と間仕切りの壁部分に沿って、逆T字型の鉄筋コンクリートを地盤に帯状になるように設けたものが布基礎です。木造2階建程度の住宅の基礎として、住宅金融公庫が定める一般的な工法です。コンクリートの量が少なく済み、「地盤沈下の減少」・「コストダウン」に効果的。ですが、家の重量を伝える基礎が各々の土台に集約される為、若干不利な面があるとされています。その為、大きな地震が来たとき、不安だという方には個人的にはお勧めしません。ちなみに知識として、阪神大震災後、各社一斉にベタ基礎を主流にしていったとされています。
 

風水の観点から

 

風水の考えから述べますと、布基礎はお薦めします。それは、この方法だと土地をコンクリートで覆う必要が無く、土地を殺さずに利用する事が出来るからです。陽宅において、気のエネルギーは土地自体からも吸収・放出されると考えられます。

 

 

ベタ基礎

 

土地を覆う

 
べた基礎
 
布基礎でいえば、逆T字型の一番下の部分を、1階の床下部分全面にコンクリートで固めたのがベタ基礎。その為、比較して強靭かつ安定した土台になるとされています。また、地盤をコンクリートで覆う為、地面からの湿気及びシロアリに効果的。ですが、基礎自体の重量が大変重くなる為、地盤への負担もかかるデメリットがあります(風水においても土地を殺す事になる為に弱点とされています)。またコンクリートで地面を覆って固めてしまう為、気密性が高すぎ通気性が悪くなる為に結露の現象が発生する事が確認されています。各社、通気を良くするため、通気パッキンを使用するなどして結露対策を施しています。布基礎にはその点では及ばないでしょう。
 

風水としての意見

 
風水の考えではコンクリートの影響により、土地の力を100%活かす事は出来ません。完全に殺す形となります。ですがマンションやビル等はこの方法です。ただ、コンクリート自体が土の属性であり、さらに陽宅では家が陽であり、土地が陰と表現されます。そのバランスから考慮して、私としては問題ないかと考えられます。あくまでも個人的な見解です。
 
運気が上がる
 
ロゴデザイン