風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・テナントの金運、幸運UP

プロの風水鑑定で、あなたの仕事・暮らしを応援!!Masaya風水事務所

rsssitemapヤフー風水カテゴリー
風水研修

HOME > 占い四柱推命 > ビジネスと運気

風水と占い

ビジネス運と転機

ビジネスの世界で使用される占術コンサル。
時の運を誤ると、大きな損失を生じるのです。
戦の勝敗は、時の運なのです。

勘坂康弘

命式



(特殊な外格タイプの人です。
ハイリスク・ハイリターン型と
私は呼んでおります。)
焼肉えびす

焼肉酒家えびすの創始者

勘坂 康弘

元・株式会社フーズ・フォーラス代表取締役社長。北陸三県を中心に、外食チェーン店を経営して、一時期有名になった方です。土下座で有名な方でもあります。若くして成功を収め、全国に200店舗を目標にいてた矢先、2011年に「焼肉酒家えびす」にて集団食中毒が発生し、経営破綻してしまいました。一体何故なんでしょうか?

ビジネスと運気の関係

左の図は、彼の命式です。一目瞭然でお分かり頂けるかと思いますが、同じ漢字が並んでいます。これは自分のエネルギーが偏っている事を示しております。日本の一部の判断ではエネルギッシュな「見強」とされ、非常に良いとされます。しかし、中国ではこれを『極見強』=「従旺格」と呼ばれています。これは、自身が非常に強いエネルギーを持っており、誰も止める事が出来ないとされており、良い面と悪い面を持っております。実際彼は、若い頃より感情が豊かで、感情の起伏が激しい事でも知られています。しかし、そのエネルギーを活かし、彼は若くして外食チェーンを立ち上げ、成功に導く一歩手前まで来る事に成功しました。しかし、彼に足りなかったのは天運でした。運も実力の内と呼ばれるように、彼は若い頃に非常に強い運を持っていました。彼はその運を最大限に利用し、活躍し続ける事が出来ました。しかし、彼は知らなかったのです。自分の幸運が続かない事を。彼は今までの勢いそのままに、全国進出を目指し、2010年に首都圏にお店を出店。計4店舗を出店しました。しかし、この時期が非常に悪いモノでした。この年は「庚寅」で、彼にとっては最悪な時です。この「寅」は、彼のビジネス運を大きく揺るがし、同業者・ライバルに火を付けてしまいます。ビジネスは時の運を得る必要があります。しかし、彼は時の運が悪い時にビジネスを広げてしまったのです。

占いのバイオリズム「大運」

勘坂氏の運勢です。~36歳まで、非常に良い運気の中にある事が確認されます。これは、彼の才能と行動力が活かされる事を示しています。この時期に彼は幸運に乗って事業の拡大に成功しています。しかし、前半に幸運を使いきると、後半にその反動が来てしまいます。37歳~彼の運気に陰りが見え始めます。これは今までの様に、順風満帆では無い事を示しています。しかし残念ながら、彼は今までの勢いに任せて全国出店をしてしまいました。しかも運気が極度におちこむ2010年に。おそらく今回の問題の発端は、この2010年に行った、首都圏への出店が引き金になったと予想されるのです。彼には占術コンサルタントが付いていなかった証拠です。付いていたならば、出店は辞めさせていたでしょう。

 

77 67 57 47 37 27 17 7
× × × ×
× ×