風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・テナントの金運、幸運UP

プロの風水鑑定で、あなたの仕事・暮らしを応援!!Masaya風水事務所

rsssitemapヤフー風水カテゴリー
風水研修

風水と占い

四柱推命の歴史

約700年の歴史を持つ、占術の王。
日本と中国での発展。

占い

四柱推命の歴史

中国編

紀元前400年頃:戦国時代の精渓の鬼谷子が、命の基礎とされる考えが示されると伝説にあり。
600年頃:唐の大夫を勤めていた李公虚中が、命をまとめとされる(詳細は不明)。
1279年頃:徐子平が、『珞碌子三命消息賦註』を示す。この書物が、現在の四柱推命の基礎とされます。
同宋の時代:徐大升が、『淵海子平』を示す。
1368年頃:劉伯温が、『適天髄』を編纂。明を建国した朱元璋の軍師であり、風水師でもあります。一説によると、諸葛孔明の人物像のモデルとなった方でもあります。

それから数多くの古典書が誕生し、四柱推命は大きく発展していきます。

ちなみに、私の憧れであるマスター・ローの子平(四柱推命)は、『淵海子平』の考えに近いとされています。

日本編

日本での四柱推命の歴史はこの様になります。
江戸時代中期頃:桜田虎門(仙台の儒学者)が『推命書』を示す。これは『淵海子平』の和訳で、日本初の四柱推命の本(実は、この内容が大きく間違っていたとの噂が残る)。
日本での四柱推命の歴史は浅いのですが、大きく流派が誕生しました。ご覧下さい。

『泰山流』
関西の京都で有名な阿部泰山の流派です。関西方面を中心に広まっているスタイルで、日本での四柱推命の基礎を築いたとされる方でもあります。地支の蔵干を徹底的に使いこなすスタイル。

『高木乗流』
関東の東京で有名な高木乗の流派です。「西の阿部泰山、東の高木乗」としても知れ渡っている方でもあります。大きな特徴としては、大運における期間の取り方が大きく異なります。中国式では10年ごとですが、このスタイルは初運をそのまま大運に使用します。

『武田流』
武田考玄の流派。上の2つの流派に属さない、流派。その基本は中国式に準じたモノとされています。

『小山内式』
武田流と同様に、どの流派にも属さないスタイル。

日本では、なぜかこれだけ多くの流派が誕生しました。如何に「四柱推命」が難しい占いであるかを示した事実でもあります。そして、多くの理論が発生し混乱する理由にもなりました。









占い1