風水、家相の家やオフィスの間取り鑑定!!

HOME | 風水鑑定料金 | 風水の質問
 
home
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
 
  
 
 
風水の質問
 
 

 

風水に関する回答

 
非常に多く頂く、コンサルティングの際の質問の一部について回答しております。実際の具合的なアドバイスにつきましては契約後となります。

大きな問題

「L字型」の間取りですが、風水では必ず建物の中心を計算する必要があります。その為、その誤差を最小限にする必要があります。つまり、単純なデザインが好まれる理由です(例外あり 欠けと風水)。日本では、「L字型」は「欠け」になる可能性が有るとされ、気にされる方が多い様です。しかし、先程の中心(太極)の問題さえなければ正確な風水測定・判断が行えるため凶にはなりません。問題になるのは『L字型』の場合、運気と時間とのバランスを合わせる事が出来ないケースが出てきます。その為もし、風水を気にされる場合は専門家に見てもらう事をおススメ致します。
 

土地環境により異なります。

風水には数多くの考え方が存在しており、一般的に「中央階段はタブー」とされます(例外有 中庭と風水)。しかし、私の過去の経験よりこの考えは見直しが必要だと思われます。これは、ケースによっては良い場合も有る為です。建物の性質は全て、土地環境によって決められます。その場合、中央に階段や吹き抜けをデザインする事により、良い気を享受できるよう設計された風水建築を私は知っております。その為、「絶対にダメ」という事はありません。時には、有用な手段になり得ます。
 

タブーとなります

トイレは、風水では「長寿」と「健康」を意味する重要な空間になります。そのエリアを階段下のような狭小空間にすること自体が間違っています。基本的に、「トイレ」は大きくて綺麗である必要があります。これは絶対に気を付けて下さい。空間の有効活用としては優れていますが、その影響で健康などが阻害されてしまう可能性があります。
 

可能です

『中庭はタブー』とは、風水では考えません。回廊型デザインの風水建築を私は知っております。ですので、気にせず、中庭のある建物をデザインして下さい。ですがここで注意が必要です。中庭をデザインしたい場合は、その様式を採用できる土地を選ぶ必要があります。言い換えると、その土地以外の場合は、非常に注意が必要になります。そして、風水を気にしたデザインを行うには、理論に合わせた間取りが要求されます。知識が無い場合は、安易に採用され無い事をおススメ致します。
 

デザイン次第です

風水では有名なタブーデザインとされます。ただ「インナーガレージ」については風水的な条件をクリアする事により、そのタブーを回避する事が出来ます。しかし通常の「インナーガレージ」では、健康面に関する問題が多いとされ凶となります。そして、対処せずに設計されてしまうと対処が一切出来ません。
 

見ないと分かりません

独学で書籍を購入されて、風水の知識を学ばれた方に多い質問です。「書籍で悪い例」として上げられている土地に似ている、との質問ですが、これは見てみないと分かりません。非常に詳しく文面で頂く事が多いのですが、その内容だけで判断する事は不可能です。またもし、不幸にも風水タブーを抱えた土地を購入してしまった場合、風水的にはすぐに売却されます事をおススメ致します。もしそれが不可能な場合、土地の不幸が入り難いデザインを採用する事で、不運を避ける方法を行います。
 

風水は環境に従う必要があります

風水と家相学の違いは 風水家相でご覧頂けましたでしょうか。風水の基本的な考え方は、時間と環境に従う事です。その為、家相学に見られるような、絶対的な『間取り』は存在しません。世界中(日本にもあります)で建築されている風水建築をみても分かるように、どれ一つとして同じ建築物はありません。「玄関」の場所や方位、「外観デザイン」など、どれ一つとして異なります。これは、風水が各々の環境や状況に合わせて設計・デザインする必要がある事を示しています。その為、「良い間取りの例」というモノが存在しません。購入された土地によって、良い間取り・デザインが違う為です。
 

時の影響がよければ大丈夫です

家相と風水の違いについても書いていますが、「北東・南西に玄関だからダメ」という考えは、『伝統風水』にはありません。風水で重要視しますのが、時と周辺環境の影響です。その為、時の良い影響を受ける事が出来ているようでしたら、非常に幸運に恵まれやすい事になります。もちろん、その逆もありますが、これは南に玄関が有っても、南東に玄関があっても同じ事です。ですので、必要以上に気にされる事はありません。
 

厳しい質問です

私がこの風水に興味を持った最初の原因が、「増築」でした。非常にリスクを伴う行為である事は間違いありません。知識がないまま行う事は非常に危険です。もし今現在、その様な事が行えるという事は、少なくとも、『金運・幸運』に恵まれている証拠と判断されます。その状況を少なからず壊す事になりますので、風水的に良くなるために行う場合は、専門家にアドバイスを求める事をおススメ致します。特に増築の場合は、増築を始める吉の日程を計算する必要があります。それも難しい場合は、建築中だけでも、一旦引っ越しをされる事を提案させて頂きます。風水では土地を触る行為は「動土殺」と呼ばれ、不運が入り込みやすいとされる為です。
 

私でしたら、すぐに引っ越します

対処策を求められるのですが、出来る限り、遠い場所に引っ越しされます事をおススメします。対処の仕様がありません。現在では、風水と電磁波には相互的に関係があると考えられており、絶対的なタブー環境と言えます。残念ながら、風水トリックを用いた対処法はないのが現状です。先例として、健康問題が発生していたのが、ある事を行う事でその悪い影響を弱める事が事が出来た報告はありますが、早めの引越しをする方がベストの選択になります。
 

問題、ありません

皆さん、非常に気にされている部分ですが、2階以上に「キッチン」や「お風呂場」があっても風水でタブーになる事はありません。もしこの質問が風水的にタブーであれば、超高層マンションにお住いの方々は全員、不幸になっている理論となります。昔の様に、下水処理が全く無い時代でしたら、大問題になりますが、水洗技術が進んだ現代では意味が無いと思われます。その大きな成功事例としてシンガポールにある「マリーナ・ベイ・サンズ ホテル」は、屋上に、プールが設置され世界的に反映しているホテルの一つになりました。
 

風水ではありません

『伝統の 風水』の理論の中に、パワーストーンを使う記述・手法は一切ありません( 世界一の風水師)。その為、パワーストーンの配置や使用方法をお答えする事が出来ません。一般的には「ニューエイジ風水」と呼ばれ、世界的に問題視されている議題になっております。ただ、純粋に伝統的な風水( 風水と派閥)で使用し無いだけですので、その効果を否定している訳ではありません。
 

効果があるかどうか

風水では、五行理論の中に「色」も含まれております。私も建築風水の際に使用・提案をさせて頂いております。しかし、こちらの質問は少し異なります。方位による「風水色」の質問になります。が、それらは間違った知識と思われます。運気に合わせた色は、時と周辺環境との相性により決定されます。その為、絶対的に『良い間取り』が内容に、絶対的な良い色も存在しません。調査を行う必要があります。しかし、純粋な風水において、「色」は差ほど重要ではありません。
 

すぐに止められる事をおススメします

崖地の土地が安く、その上にマイホームを建てたいとの事で相談頂きました。風水では絶対的なタブーの土地が知られております。崖地は確かに見晴らしは良いですが、その分、リスクもあります。崖は水が上から下に行き良いよく流れ落ちる構造になり、気が全く留まる事が出来ません。今回のお話では、購入予定地の半分が崖になっており、基礎を突き出して建物を建てる構造でした。風水うんうんの話ではなく、どれだけアイデアを出しても、気を受ける事ができなければ、意味を成しません。ただ、崖でも風水的に有効なグランドデザインのケースもあります。
 
運気が上がる
 
ロゴデザイン