風水、家相の家やオフィスの間取り鑑定!!

HOME | 風水鑑定はPCと同じ | 見える風水
 
デザイン
| 1 | 2 | 3 | 4 |
 
 
 
 
風水で土地=パソコン本体
最新の高性能
インテルプロセッサーが搭載
された土地が最適
 
 
 
見える景色・環境の影響を調査
 

パソコン本体を最新にするには

 

土地環境は本体
風水運気を決める

 
良い土地は
最新の高性能intelプロセッサー。
 
目に見える運気を風水では『巒頭』と呼び、土地環境にあたります。PCではパソコン本体にあたり、本体の性能はその中に内蔵されているICチップ(intel等)やHDDの容量によって、動作性能が大きく異なります。選ぶのでしたら、計算処理が早く・データ容量の大きな高性能なモノを選びたいですよね?風水も同じ現象が発生するのです。風水のプログラムと非常に相性が良い土地があり、逆に、風水のプログラムが全く活かせない・働かない土地があるのです。例えるならば「20年前のパソコン本体」に、最新のwindows10をインストールしても、おそらくそのパソコンでは役不足でしょう。土地は風水のプログラムを動かす土台となるモノなのです。PCで言い換えると、土地によって「最新の8th Gen世代インテル® Core™ i7 」もしくは「インテル®Pentium」かが決まるのです。つまり、風水の性能はほぼこの巒頭(土地)で決まるのです。
 
 

見えない運気と環境の相性
 
外観
 
ここでご紹介したいのが、『軽井沢・プリンスショッピングプラザ』です。 非常に景色の綺麗な軽井沢駅の前にオープンしたモールです。 このモールの特徴は、水をテーマとしたと思われるデザインをしており、 風水的にも良い環境が整えられていました。
 

環境と目に見えない運気の相性が重要

 

風水プログラムと本体の合致

 
地図の土地
 

このモールの「2003年までの風水プログラム」では、モール全体の「金運」が働くようになっています。「軽井沢駅」にも直結されており、ビジネス運の流れもうまく噛み合っています。さらに逆の方向にも「人工の池・湖」があります。この組み合せ・相性は非常に良いモノで、モール全体に強い商売運が働くようになっているのです。理気・巒頭ともに良い状況です。その事を物語るように、売上が推移しております。
 

運気
1995年:7億円 1996年:12億円
1997年:20億円 1998年:40億円
1999年:60億円 2000年:120億円
2002年:240億円

 
2004年以降では、若干、「風水プログラム」が変更されます。「金運」の方位が変更された事が確認されますでしょうか?ですが「軽井沢駅直結の入り口」により、いまだ強い「ビジネス運」を保つ構造が出来ています。「多くの人が金運と共に入りこむようになっており、全ての環境とモールのデザインが非常に良く出来ています。売上も好調を維持しております。
 

時間
2005年:300億円 2007年:315億円
2009年:332億円 2010年:324億円

 
理気(ソフトウェア・プログラム)と巒頭(PC本体)が最も良い形で組み合わされると、大きな利益をもたらす。巒頭(PC本体)の性能が良ければ、インストールされたソフトは最大限の威力を発揮してくれる良い例題です。
 

運気が上がる
 
ロゴデザイン