風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・会社・オフィス

風水研修
風水の家相
おまかせください

風水鑑定ならMasaya風水事務所

HOME | 風水鑑定 | 風水鑑定の相違

 
<現在のご予約状況について>
誠に勝手ながら現在の予約状況より、新規の風水鑑定のご予約につきましては
2018年12月上旬以降の対応となります事をご報告させて頂きます。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
同じ風水鑑定のはずなのに幸運の判断が違う!?

日本のカリスマ風水師でも、言っている内容と方法が異なるのはなぜ?
この事実と原因を、証明してみたいと思います。

工事中です
風水鑑定の相違

風水鑑定の違い

風水の裏事情?

風水は幸運を呼び込む学問ですが、一つだけ問題があります。それが、運気の計算方法です。家全体の間取り等の気の流れを改善するには、風水スタイルを使わなければなりませんが、これなんです。

  • スタイルによって、答えが違う

同じ風水であるのに、鑑定する人によって答えが異なる。その秘密が流派の吉凶判断の違いです。このページでは実際にひとつの間取りを例に、判断の違いをご紹介したいと思います。

参考として

各々の風水は、短所と長所があります。そこで、有名なスタイルの判断基準を元に、間取りの吉凶判断を行い、その違いをご紹介したいと思います。ご自身が納得できるスタイル(流派)を採用して頂きたいと思います。風水鑑定間取りの吉凶判断の相違点をご覧下さい

風水流派
間取り
2階
玄関重視の風水スタイル
玄関の向きを重視した、お馴染みの八宅派によるパターンです。




固定概念のスタイル様式
風水ではありませんが、家相学による鑑定のパターンです。

時間重視の風水
時間重視型の、玄空飛星派による風水鑑定のパターンです。




方位重視の風水スタイル
方位重視の、古典風水で有名な三合派の考えによる鑑定です。