風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・テナントの金運、幸運UP

プロの風水鑑定で、あなたの仕事・暮らしを応援!!Masaya風水事務所

rsssitemapヤフー風水カテゴリー
風水研修

HOME > 自己紹介 > 私と風水 > 私と風水(続)

私と風水(続)

玄空飛星風水の実践

私は現在、玄空飛星派をメインの風水の鑑定基準として使用しております。
今までは全て、「家相学」の観点から説明を行ってきました。当っている部分もありますが、説明が全く出来ていない部分もあります。そこで、世界的に有名な「玄空飛星風水」の観点から、実践の強さを私の実家を例にしてご紹介したいと思います。なぜ私が、

  • 会社を辞めて、実家に帰る事態になったのか?

その理由が分析を行うと判明します。ご覧下さい。

風水の説明

左記の図は、私の実家の間取りと周辺環境を示しています。八宅派などの通常の風水では、玄関が無条件で運気が作られる方位としますが、玄空飛星派では玄関ではなく、周辺環境から調査上、家の向きを決めます。私の実家の場合、~2000年までの間は向きはN(北側)でした。ここには畑があり良い風が吹いており(水)の役割を担ってくれていました。その為、北が向きとなる運気の設計図が出来ます。それがピンクの数字です。2000年頃までは上記の様な気のエネルギーが流れていました。金銭に関係のある気のエネルギーが丁度、仕事場にきており仕事が順調に進む事が確認出来ます。さらに、仕事場の勝手口には水槽があり、更にその力を強めていました。さらに、キッチン方面には悪いエネルギーがきていますが、ガスコンロの「火」によってその影響が薄れています。また、リビング方面には、旺気がきており金銭的なエネルギーが活性化されています。このエネルギーの状態では、増築の影響が多少あっても、金銭面での問題がありません(増築は無条件で、気を付けなくてはいけないのですが)。幸運にも、悪いエネルギーがほとんどこの間取りには入らず、その影響がほとんどありません。ただ、南西に女性を示すエネルギーがあり、更にその場所は坤(母)の場所の為、少し「嫁姑問題」が発生する可能性があります。ただ少なくともこの時、私の実家は繁栄しておりました。


私が私立の大学に行けるほどに。


しかし、この風水の気の流れが変わったのです!!次をご覧下さい。