家や事務所、オフィスビルの間取り風水鑑定
HOME | 風水の話 | 風水教室
 
デザイン
 
| 1 | 2 | 3 |

 

初心者向けでも本場の技術を

 

風水教室

 
風水講義
 
『富山新聞・北國新聞文化センター』において行っておりました風水教室ですが、2013年をもちまして募集を終了させて頂きました。有難うございました。
 
石川県と富山県の両県にて、 初心者向けの風水教室を開講。初心者の方でも日本で聞き慣れない本場の風水術を学んで頂けるチャンスです。新築・建売・リフォームをお考えの方はもちろん、経営者の方や個人事業者の方にもおススメ!!ビジネスの世界で使用される風水術。金運・幸運を思いのままに操る方法を講義中。内容は、全く「本場の風水」を知らない方に合わせた内容となっているので、初めての方でも簡単に分かるようにしてありますのでご安心下さい。『運気マップ』で簡単に、風水を使いこなそうが今回の教室のテーマとなっております。

 

 
 
 
 
『伝統風水』は実践が大事
知識を得る事が大事です
 
風水の場所
 
STEP1
風水の裏話
 
①日本と風水
②流派(スタイル)
③玄空飛星の話
STEP2
玄空飛星の基本1
 
①運気を探す
②間取り合わせる
STEP3
玄空飛星の基本2
 
①運気を間取りに書き込む
②金運・幸運を探す
1日目
 
資料①

 

①建物の誕生日を見つける
②風水運気が入る方位を探す
③運気Mapを特定する
④間取りに方位(太極)を書く
 
初日は、基本となる理論を徹底的に行います。玄空飛星の特徴は、『時間』を最優先事項として運気との関わりを調査することにあります。その為、日本で知られている『家相』との違いを理解して頂いた上で、使いこなす為の下準備の講義となります。時の影響は大きく20年ごとに変わります。その運気の設計図とも言える「運気マップ」の見方に慣れて貰う作業が1日目の風水教室の目標となります。
 

2日目

 

資料2

 

⑤間取りに運気を書く
⑥「金運」「幸運」を探す
⑦運気を調節していく
 
2日目の風水教室は『運気マップ』を使いこなす為の講義となり、「家相」と同じく、方位を8方位に分ける練習が第一になります。八卦が示すように、運気は大きく8つの方位に分かれ、それぞれ異なる「金運」「幸運」「不運』が点在すると考えます。風水では、この影響を時間ごとに調査し、人に与える影響を見ていく事になります。その分析後に、目に見えない運気を調節していく術を会得していきます。

3日目

 

資料③

 

実際に、幾つかの図面を元に自分でやってみよう!!これが3日目の風水教室の目標になります。2日間で基礎を行い、その気本となる知識を最大限に生かして、実際の『間取り』を元に皆さんで風水を仕掛ける練習を致します。今までの集大成となります。今回の目標は『自分の家を、自分の力だけで運気を調節できるようになろう!!』となりますので、慣れて頂く作業になります。『カルチャースクール』で出来うる限りの範囲で、幸運を手にするチャンスを学んで頂きます。これが、基本初級編となります。今後の基本中級・上級編につきましては、今後検討中です。
 

STEP4
玄空飛星の基本3
 
①幸運を活かす
②金運を強める
STEP5
玄空飛星風水の練習1
 
①間取りを使って運気を探す
②間取りに運気を書き込む
STEP6
玄空飛星風水の練習2
 
①運気の調節の練習
②金運・幸運の活性化
(最終日)