風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・会社・オフィス

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
池と風水
南に池を作ると、不運を大きく招く元になる

火と水の定理

南に池はよいか

風水は、風と水と書くように「水」は非常に重要なポイントになります。特に、「金運」を扱う際には大切なモノです。しかし良く、「南に池・水を持ってくると、不幸を招く」と聞きます。これは、『南は離=火の力が存在し、池を作ると水がその力を弱めてしまう』と言うモノです。ですが風水デザインでは、「水と火」の力が融合する事で新たな力が生まれると考え柔軟に考えます。固定的に『南に池』があっても不幸を招くとは考えません。水を置く場所は、土地と環境・時間によって吉凶を診察します。その上で配置をデザインしますので、状況があえばパワフルな幸運をもたらす相性となります。

南の噴水

2回目の登場『ペニンシュラ・ホテル 香港』です。このホテルは南を向いている建物です。そして、その正面玄関の南には「噴水」が設置されています。風水では「水」は金運の象徴。南にある「噴水」がパワフルで幸運な影響を、ホテルにもたらしている事が分かります。その理由は、風水の計算によって「金運」が確認されていたからです。診断技術として、玄空飛星の理論において吉と判断されております。この「噴水」は金運を呼び込むアイテムとして設置されているのです。それを物語るかのように、「ペニンシュラ・ホテル 香港」は繁栄を誇っております。