風水家相、間取り鑑定。住宅・マンション・会社・オフィス

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |
家相の問題。今皆さんは、新しい家を建てようと風水の鑑定項目集です。
「金運」を探す!?

金運・ビジネス運のある賃貸、 お嫌いですか?
何をしても潰れる・誰が入ってもすぐに出ていく物件、嫌ですよね。
金運の強い賃貸。テナント・住宅等、金運の強い物件が良い。そんなご要望にお応えします。

「金運」をレンタルする

テナント・店舗物件、アパート物件など、相当数の物件量。

中には、いわく付き物件があったり。


「店の入れ替わりペースが速い」「なぜか、入居してからダメ」


賃貸であっても、風水の影響は変わりません。
特にビジネスにおいては、商売運を左右する重要ポイント。
そんな不安に、当事務所がお答えします。
「金運」を借りるという考えです。

鑑定内容

風水チェック項目

  1. 間取りと土地との相性
  2. 運気の流れ
  3. 20年以上、旺気(幸運)が享受できるか
  4. 間取りのタブーがないか
  5. 悪い運気の場所の特定
  6. 金運の方位の特定
  7. 土地自体の気の強さ
  8. リビングと寝室、玄関と運気の相性


日本ではほぼ100%、風水を無視した建物がほとんどです。特に賃貸物件の場合、10年以上経過したテナント・分譲が多いです。その為、運気が停滞している可能性が非常に高いです。その中から1物件づつ調査し、幸運な物件を探し出していきます。※状況により、お断りさせて頂く場合があります。

風水

スタイル

巒頭派

『土地環境の調査』

風水の観点である、山水形勢(土地の形・道・周辺の建物・起伏)を調査していきます。その再、一般的な家とお店・事務所等と判断基準は若干異なりますが、山と水の場所を重視し判断します。

玄空飛星派

『プログラムの調査』

建物に流れる風水運気の特定を行います。そこから「幸運プログラム」「不運プログラム」を判断。環境との相性・組合せから、幸運な物件であるかを判断します。

風水物件
風水未決定物件

賃貸物件例

ココでは2つの賃貸物件をご覧頂きます。左の物件と右の物件。皆さんはどちらを選ばれますか?間取りだけを見ていては分からないモノですね。今回のケースでは、左の物件を選ぶ事になりました。風水的に良い条件が全て整っており、最適な住環境と判断させて頂きました。ちなみに、右の物件はなぜか賃貸料金を下げても入居が決まらない有名な物件で有る事が後に判明。

テナント例その②

テナント物件の例です。こちらの事務所には、はっきりと「金運」が確認されていました。ここを借りられた前オーナーさんは、この物件を借りた暫くした後、すぐに近くの土地を購入し「自社事務所」の建設をされています。「巨大な金運」をレンタルする事に成功した非常に良い例です。

金運のある事務所
物件写真